青森山田vsつくば秀英、堀岡隼人投手が144キロ、長井良太投手143キロ投げ合いに3球団スカウト視察

つくば秀英, 三森大貴, 堀岡隼人, 長井良太, 青森山田

センバツに出場する青森山田が、龍ヶ崎市のたつのこスタジアムでつくば秀英と練習試合を行い4-2で勝利した。エースの堀岡隼人投手が自己最速となる144キロを記録し、センバツ注目選手として期待度が高まっている。またつくば秀英の149キロ右腕・長井良太投手も143キロを記録した。

青森山田エース・堀岡投手が144キロ記録

青森山田のエース・堀岡隼人投手は今年初の対外試合となったこの日、自己最速となる144キロを記録した。昨年秋から体重を8kg増やして84kgとどっしりとした体格となった堀岡投手、「力を入れずに普通に投げられた」と話したが、自己最速を更新した。

3回を投げてノーヒット6奪三振と内容も抜群、得意の沈む球もきれがあり、実戦的な投球を見せた。「球速は気にしていない。」と話す堀岡投手、センバツでは注目投手としてその投球が期待される。

また4番を打った大型遊撃手の三森大貴選手は、初回に2アウト2塁の場面からレフト前にタイムリーヒットを記録した。

つくば秀英・長井良太投手は143キロ記録

また、つくば秀英もドラフト注目投手がいる。昨年の大会で149キロを記録した長井良太投手は、この日は4回を投げて4安打に3四死球で4失点と、昨年の明治神宮大会ベスト4の青森山田に厳しい投球となってしまったが、新しいフォームを試して143キロを記録、「最初の試合で、自分としてはよかった」と納得をしていた。

長井投手は昨年夏に146キロを記録すると、秋には149キロを記録しプロ注目の投手となっている。この日も東京ヤクルト北海道日本ハム埼玉西武のスカウトが視察に訪れた。

長井投手、堀岡投手、三森選手とプロ注目選手が活躍を見せ、スカウトにとっても見どころの多い試合となった事だろう。夏までの数か月間、全力を出し切って将来への道を作り上げてほしい。

青森山田高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

つくば秀英高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2016センバツ高校野球大会出場校一覧と注目選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

伸びのある直球は自己最速となる144キロを計測し、落ちる変化球も効果的。出した走者は振り逃げの1人で「力を入れずに普通に投げられた。球速?気にしていないです」。体重は昨秋から8キロ増の84キロに。制球もフォームも安定し、体づくりの成果が出た。

オフの間に変えた新フォームで好感触を得た。左足を上げてひねっていたのを、巨人・菅野を参考にしてシンプルに足を上げ、直球は143キロをマーク。「最初の試合で、自分としてはよかった」とうなずいた。


PAGE TOP