横浜高・藤平尚真投手が9回4安打13奪三振、横浜DeNA、巨人、日本ハムなど注目

吉川貴大, 増田珠, 横浜高, 藤平尚真, 開星

横浜高校はセンバツに出場する開星と練習試合を行い、エースの151キロ右腕・藤平尚真投手が先発すると、9回4安打13奪三振1失点の素晴らしい投球を見せた。この試合には3球団のスカウトが視察に訪れ、松坂大輔投手クラスの評価をしている。

プロスカウト絶賛投球

藤平尚真投手は、足を高く上げるダイナミックなフォームに変え、勢いのある投球を見せた。最速145キロを記録した直球とスライダーの2種類だけを投げ、6回1アウトまでノーヒットピッチングを見せると、5回につぶしたマメの影響もあったものの9回まで完投し、9回4安打13奪三振1失点、自責点は0の投球を見せた。

「センバツに出るチームが相手だったので、より勝ちたい気持ちがあった。ストレートで空振りや見逃し三振が取れたのが良かった」と話した藤平投手、この春は3試合に投げ16回を投げて自責点は0だという。

この投球を、横浜DeNA巨人北海道日本ハムの3球団のスカウトが視察、横浜DeNAの「今の時期にこれだけ腕を振れていれば大したもの。体つきもしっかりしているし、真っすぐがいい。松坂・涌井と比べてもの楽しみ。上位に入る」と、横浜高の先輩でドラフト1位でプロ入りをしている松坂大輔投手と涌井秀章投手の名前を挙げ、ドラフト上位候補であることを話した。

藤平投手は最速151キロの速球を投げる右腕だが、昨年秋の関東大会では初戦の常総学院戦に先発を任されたものの、宮里豊汰選手にホームランを浴びるなど3失点しセンバツ出場を逃していた。ここぞというときのピッチングが評価ポイントとなりそう。春の関東大会や夏の勝負所での投球が、ドラフト上位で指名されるかどうかの判断に分かれ目となる。

増田珠選手がホームラン

また横浜高校は、来年のドラフト注目選手・増田珠選手が、開く星の143キロエース・吉川貴大投手からホームランを放つなど活躍を見せた。

増田選手は高い身体能力があり、強烈なバックホームを見せる強肩に、この日のホームランなどパワーある打撃がある。侍ジャパン15U代表では4番を打った逸材で、横浜高校では浅間大基選手のように1番バッターとしても活躍を見せていた。

浅間大基選手くらいの評価にはなりそうで、来年のドラフトが楽しみ。

2016年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

横浜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

開星高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

DeNA吉田スカウト部長は「今の時期にこれだけ腕を振れていれば大したもの。体つきもしっかりしているし、真っすぐがいい」とコメントした。

左足を胸の高さまで上げる新フォームで最速145キロをマークし、6回1死まで無安打。9回に右前打を右翼手が後逸して1点を許したが、センバツ出場校相手に圧巻の投球を披露した。


PAGE TOP