センバツ1日目に注目された選手

太田英毅, 宮里豊汰, 綿屋樹, 金田海都, 鈴木昭汰, 鏑木風雅, 陶山勇軌

センバツ大会1日目に注目された選手について、個人的な評価をしてみる。

福井工大福井の田中嵐士投手は体格があるものの、130キロ前半の速球で勝負するタイプ。中盤からインコースに攻める投球を見せられるようになったものの、ドラフト的には大学、社会人での成長という投手だった。

智弁学園の村上頌樹投手は10安打を浴びながらも7奪三振完封、上背はないものの強い速球を投げていた。コントロールも安定しており、大学・社会人では早いうちから登板していそうな投手だと思う。捕手の岡澤智基選手も負傷をしていた指の影響もあり送球やキャッチングの課題もあったが、村上投手が信頼するリードが良かった。打撃でもノーヒットだったものの良いスイングを見せていた。

2年生の太田英毅選手、福元悠真選手も活躍を見せた。太田選手は長打こそなかったが塁に出ると高い走塁の技術を見せた。遊撃手としてもエラーしたがまずまずの印象、福元選手は初回に2点タイムリー2ベースヒットを記録し4番の働きをした。ともに今大会、今夏、そして来年の春夏も注目される選手だろう。

常総学院の陶山勇軌選手はセンターとして広い守備範囲を見せ、トップバッターとしても盗塁を決めるなど高い走塁技術を見せた。また4番の宮里豊汰選手もホームランはなかったが、第1打席のタイムリーヒットは、外角の球をしっかり振り切ってのライト方向の打球で、センスも兼ね備えた素晴らしい打者だった。また遊撃手の中村迅選手は183cm83kgと大型遊撃手だが、しなやかな動きが目立ち余裕を持ったスローイングができていた。センスの高い遊撃手として大学で出てきそうだ。

滋賀学園の神村月光投手は変化球の種類が多く、強い速球を投げていた。ただし来年のドラフトを意識するためにはもう1ランクレベルアップが必要。桐生第一の鏑木風雅選手は、終盤に3安打を記録しU15代表にも選ばれたセンスを見せつけた。

また桐生第一の3番手で登板した金田海都投手は130キロ後半の速球に力強さがあり、2回をノーヒット3奪三振に抑えた。秋は登板機会がなかった選手で急成長をしている。エースの内池翔投手が3回1/3で7安打7失点だったことから、夏までには背番号1を背負っているかもしれない。

この日、今年と来年のドラフトを意識できると感じた選手は、智弁学園・太田英毅選手、鹿児島実の綿屋樹選手、常総学院・鈴木昭汰投手、陶山勇軌選手、宮里豊汰選手、桐生第一・鏑木風雅選手、金田海都投手。

センバツ高校野球大会第1日目の対戦カードと注目選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page


PAGE TOP