センバツ32校すべて出場、スポーツ紙各紙の評価は?

センバツ大会は32校すべてが登場し、各チームのエースや打者が活躍を見せた。スポーツ紙各紙の選手評価をまとめる。

スポーツ報知(巨人・山下スカウト部長)

巨人・山下スカウト部長は「1位候補のAクラスはいない」と話したが、「好投手が多かった。創志学園の高田萌生投手は今大会NO.1。球速も出て試合後半の投球は素晴らしかった。」と高田投手をトップに挙げた。そしてもう一人、東邦の藤嶋健人選手を挙げ「球にスピンが利き、打撃も高校生離れして投打ともに対象」と話した。この二人は夏までにAになる可能性があるとしている。

また投手では、大阪桐蔭・高山優希投手、花咲徳栄・高橋昂也投手、木更津総合・早川隆久投手、秀岳館・有村大誠投手、東海大甲府・菊地大輝選手の名前も挙がった。

野手では明徳義塾・古賀優大選手、秀岳館・九鬼隆平選手、鹿児島実・綿屋樹選手、龍谷大平安・橋本和樹選手、青森山田・内山昂思選手の名前が挙がった。

スポーツニッポン(元巨人スカウト・中村和久氏)

敦賀気比の山崎颯一郎投手について、「昨年よりバランスが良くなり制球が安定している。まだまだ球速も伸びる」とし、東邦の藤嶋健人投手に「成長が一番著しい」と話した。また、秀岳館・九鬼隆平選手に「地肩が強く体力がある」と評価、その他に大阪桐蔭の吉沢一翔選手、永広知紀選手、鹿児島実・綿屋樹選手、花咲徳栄・岡崎大輔選手、敦賀気比・林中勇輝選手の名前があがり、龍谷大平安の2年生・岡田悠希選手を「下半身からスイングして速い打球を遠くへ飛ばせる」と評価した。

日刊スポーツ(小関順二氏)

日刊スポーツでは小関順二氏が注目した選手41人を掲載、最も目を引いたのは創志学園・高田萌生投手を挙げた。野手では大阪桐蔭の永広知紀選手を超高校級の評価を受けているとした。また明徳義塾・古賀優大選手、龍谷大平安・岡田悠希選手もスカウトが高く評価しているとしている。

デイリースポーツ

スカウト陣から聞こえた話しとして、全体的には候補が少ない、秋からの成長が足りない、という声が聞こえたが、創志学園の高田投手がNO.1評価、巨人・山下スカウト部長が「今大会では抜けている」と評価したとしている。

また東邦の藤嶋健人投手に横浜DeNAの吉田スカウト部長が「投打で見ていきたい」と話し、敦賀気比の山崎颯一郎選手に中日・中田スカウト部長が「フォームがいい。将来性では一番魅力を感じる」と話したとしている。また龍谷大平安の岡田選手について広島の苑田スカウト部長が「一番よかった。軸がしっかりしていて打つべくして打っている」と評価、捕手では明徳義塾の古賀優大選手と秀岳館の九鬼隆平選手の名が挙がっているという。

サンケイスポーツ(東京ヤクルト・小川SD)

投手では花咲徳栄の高橋昂也投手、秀岳館・有村大誠投手、敦賀気比・山崎颯一郎投手と、木更津総合・早川隆久投手、大阪桐蔭・高山優希投手、創志学園・高田萌生投手の名前を挙げた。野手では、秀岳館・九鬼隆平選手、明徳義塾・古賀優大選手、龍谷大平安の岡田悠希選手、鹿児島実・綿屋樹選手、八戸学院光星・益田敦成選手、東邦・藤嶋健人選手の名前が挙がった。

2016センバツ高校野球、組合せと注目選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page


PAGE TOP