東海大相模が9回に同点も勝ち上がる

北村朋也, 東海大相模

春季高校野球神奈川大会は、4回戦の東海大相模vs藤嶺藤沢の試合が行われ、東海大相模のドラフト候補・北村朋也投手が先発した。

調整に苦しむ

17日の試合が2日ずれ込んでこの日に行われたが、北村投手は制球に苦しみランナーを背負いながらの投球が続いた。それでも8回までは粘りの投球で無失点に抑え3-0のまま9回を迎えたが、9回1アウトから四球でランナーを出し、そこから3連打で3-3の同点に追いつかれた。

裏にサヨナラで勝利をしたが、北村投手は「言い訳になってしまいますが、調整は難しかった。」と話し、9回は、このままいけると思ってしまった。自分の弱い所が全部出た」と話し反省していた。

9回11安打6奪三振2四死球で3失点の北村投手、次は横浜高校との対戦で、藤平尚真投手とのドラフト候補同士の対戦となる。

東海大相模高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト

直球の制球に苦しむ場面も見られた北村は「言い訳になってしまいますが、調整は難しかった。9回は、このまま(完封で)いけると思ってしまった油断が出た。今日は自分の弱いところが全部出てしまいました」と反省した。


PAGE TOP