明石商・山崎伊織投手が148キロ、北海道日本ハムなど4球団視察

山崎伊織, 明石商

明石商の山崎伊織投手が最速148キロを記録し、5回2安打2失点、6つの三振を奪う投球を見せた。

5回から登板

山崎伊織投手は明石商の右腕でこれまで142キロ、145キロを記録する投手としてドラ府t候補となっていたが、センバツではエースの吉高壮投手が安定し、ベスト8に進出したものの山崎投手の甲子園での登板はなかった。

この日は5番レフトで出場し、同点の5回にマウンドに上った。「公式戦の登板が久しぶりだったので、最初は浮き足立ってしまった」と話し、味方のエラーも絡んで2失点したが、球速は148キロを記録、8回、9回の2イニングで4つの三振を奪うなど、しり上がりに調子を上げていった。

北海道日本ハムなど4球団のスカウトが視察した。この日は4安打も記録し、スカウトからは打撃のセンスや走る姿の良さなど、素質を評価する声が聞こえている。

この日の投球で注目度が増す事になる。「甲子園で吉高がずっと投げてて、自分も投げたかった。」と話す山崎投手、これから結果を残してチーム内での信頼を勝ち取り、そして夏の兵庫大会で甲子園の切符を手にしてぜひ甲子園での登板を期待したい。

明石商業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト

2016年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

この日は「5番・左翼」で先発出場し、打っても4安打をマークした山崎。走る姿やスイングの精度も高く、ネット裏では日本ハムなど4球団のスカウトが視察した。まだまだ粗削りだが、確かな潜在能力を秘めた右腕。「甲子園で吉高がずっと投げてて、自分も投げたかった。こういう大会でしっかり投げていかないといけない」と力を込める。


PAGE TOP