京都外大西・緒方理貢選手が本塁打に決勝タイムリー、プロ3球団注目遊撃手

京都外大西, 緒方理貢

春季高校野球京都大会では、京都外大西・緒方理貢選手にプロ3球団のスカウトが注目した。緒方選手は決勝タイムリーを放つなど活躍し、1回戦を勝利した。

公式戦初本塁打

緒方理貢選手は173cmと体は大きくないものの、しっかりとしたフットワークを見せるショートの守備と、50m5.8秒の俊足があり、高校生では屈指の遊撃手と注目されている。

この日は2番遊撃手で出場すると、6回には公式戦初本塁打となるソロホームランを放ち同点に追いつくと、9回2アウト三塁の場面でセンター前にヒットを放ち6-5で勝利、5打数2安打2打点は貴重なものとなった。また足でも7回に盗塁を決めている。

この日は3球団のスカウトが視察し、広島の鞘師スカウトは「走攻守三拍子そろっている。将来が楽しみ」と評価した。今年の高校生内野手は、センバツに出場した敦賀気比・林中勇輝選手や青森山田の三森大貴選手などが注目されるものの、昨年の平沢大河選手のような抜き出た選手はいない。足がありバランスの良い守備を見せる緒方選手が、打撃の評価でも挙がってくると、高校生トップクラス内野手としてどんどん評価が上がってきそうだ。

2016年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

2016年度-高校生-京都府のドラフト候補リスト

京都外大西高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2安打2打点に加え、7回には50メートル走5秒8の俊足を生かし二盗を決め、視察した広島の鞘師スカウトは「走攻守三拍子そろっている。将来が楽しみ」と評価した。


PAGE TOP