西日本短大付、2年生のクリンナップコンビが活躍、福岡大大濠・浜地真澄選手は本塁打放つ

橋本真生, 浜地真澄, 渡邉大海, 福岡大大濠, 西日本短大付

春季高校野球九州大会は準々決勝が行われ、西日本短大付はセンバツベスト8の長崎海星に6-3で勝利した。2年生のクリンナップコンビが活躍を見せた。

2年生クリンナップ

西日本短大付は4番に橋本真生選手、5番に渡邉大海選手と2年生が並ぶ。昨日は4打数3安打1打点の活躍をみせた4番の橋本選手は、178cm95kgと大型な選手だがつなぐバッティングもでき、チャンスに強さも見せる。この日は5打数1安打だったものの、5回1アウト満塁の場面で打席に入ると、2点タイムリー2ベースヒットを放った。

そして続く5番・渡邉選手のバットが火を噴いた。フルスイングした打球はレフトスタンド中段に突き刺さる3ランホームランとなった。渡辺選手は前日の試合は3打数で3三振に倒れ、ファーストの守備でもエラーで失点に絡んでしまうなど良い所がなかった。

その試合後に宿舎で4時間も素振りをし、上り坂で素振りをすることで前に突っ込んでいた体重を右足に残すように修正し、この日は3ランを含む5打数3安打4打点を記録した。

ベストメンバーがそろっていないとはいえセンバツベスト8の海星に勝利したことで、大きな手ごたえと自信を持った。何より2年生の二人が多くな自信を手にしたことで成長が期待される。

福岡大大濠・浜地選手がホームラン

また福岡大大濠は大村工に7-4で勝利、前日に6回1失点の好投を見せた浜地真澄投手は、6回2アウト1,2塁の場面でリリーフのマウンドに上ったものの、タイムリーヒットを許してしまった。しかし7回、先頭打者で打席に入るとレフトスタンドにホームランを放った。投球でも7回以降はノーヒットに抑えた。

浜地投手は「課題の立ち上がりが悪かった」と投球について反省したがホームランについては、「真っすぐがくると思って強くバットを振った。感触で飛んだと思った」と話した。公式戦で4本目のホームランという事で目標は「15本くらい」と話した。

福岡のライバル・西日本短大付も勝ち上がり、夏に向けての意識も高まってきそうだ。

長崎日大vs佐賀商は7-2で長崎日大が勝利、佐賀商の4番・野中翔太選手は1打数0安打と勝負を避けられ、前後の選手が抑えられた。糸満vs大分は5-3で糸満が勝利した。昨日4安打完封勝利の平安常輝投手は、この日は14安打を浴びたものの3失点に抑える粘りの投球を見せた。

西日本短大附属のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

福岡大大濠高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-九州のドラフト候補リスト

2016年度-高校生-福岡県のドラフト候補リスト

西短付、センバツ8強海星撃破 2016/5/14

 


PAGE TOP