江陵の148キロ右腕・古谷優人投手に10球団視察、147キロ記録しスカウト絶賛

古谷優人, 江陵高

北海道十勝地方に148キロを記録する左腕投手がいる。江陵の古谷優人投手はこの日、9回を投げて4安打10奪三振を記録し、視察した10球団スカウトが絶賛した。

148キロ左腕

古谷優人投手は176cm76kgとそれほど大きくないが、投げられる速球は148キロを記録し、50m6.0秒の身体能力もあり秘かに注目されてきた。千葉ロッテの古谷拓哉投手とは親戚にあたる。この日はその古谷投手が春季高校野球北海道大会の十勝地区予選、帯広工戦に登場すると、プロ10球団のスカウトが詰めかけた。

古谷投手は噂に違わぬピッチングを見せ、最速147キロを記録した速球と抜群のキレ味を見せるスライダーで6回まで無失点に抑えた。7回に味方のエラーなどでノーアウト満塁とすると、押し出しの四球を与えたあとに再びエラーで2点を失った。しかしその後は連続三振で抑えた。

スカウト絶賛

9回を投げて4安打10奪三振2失点、試合は0-2で敗れ春の戦いは終わったが、スカウトたちに与えたインパクトは大きかった。北海道日本ハムの白井スカウトは「将来性は十分」と話すと、千葉ロッテ・井辺スカウトも「腕が振れて、馬力がある」と評価した。

江陵高校は野球では有名ではなく、古谷投手は夏もあまり投げる姿は見られないかもしれない。幻の148キロ左腕となる可能性がある。少ない公式戦登板を見たスカウトは、今後、学校を訪れ練習の様子や練習試合に何度か足を運ぶ事になりそうだ。

古谷投手は「上でも通用する選手になりたい」と話し、高校野球についても「悔いの残らないようにしたい」と話した。

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

2016年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト

実力の片りんは随所に発揮し、帯広の森まで足を運んだスカウト陣を失望させなかった。速球や持ち味のキレの良いスライダーで2ケタ三振を奪う姿に「1年夏から注目していた」という日本ハムの白井スカウトは「将来性は十分」。ロッテ井辺スカウトは「腕が振れて、馬力がある」と評価した。


PAGE TOP