横浜・藤平尚真投手が150キロで勝利、万波中正選手が代打で2ベースヒット

万波中正, 横浜高, 藤平尚真

春季高校野球関東大会は横浜高校の150キロ右腕・藤平尚真投手が千葉黎明戦に先発し、8回コールドで勝利した。

本調子ではなかった

藤平尚真投手はこの日、最速は150キロを記録すると、7回までは2-1としびれる接戦を投げ続けた。「久しぶりの公式戦で本調子ではなかった」と話しながらも、制球もあるストレートに加えスライダーなど沈む球も威力十分で、8回まで5安打8奪三振1失点に抑える。味方が8回裏に一挙6点を挙げてコールドで試合が終わると「接戦で抑えられてよかった」と話した。

藤平投手は昨年秋の関東大会初戦で常総学院の宮里豊汰選手に一発を浴びるなど3失点、その他でも序盤に1イニングだけ失点を重ねるような所があり、背番号1は石川達也投手が付ける。今大会も初戦は石川投手が登板し完投した。この日は初回に味方が2点を取りながら続く相手の攻撃で1点を奪われた。それでも1点に抑え、その後は0に抑えた点は監督の信頼を得る投球になったのではないかと思う。

投げる球の威力に、試合で勝てるピッチングが伴うようになれば、昨年の東海大相模の小笠原慎之介投手・吉田凌投手のように、Wエースで甲子園優勝も期待できるかもしれない。

万波選手が結果残す

またこの試合では万波中正選手が8回に代打で登場すると、カーブにタイミングを外されたもののかろうじてバットの先で拾うと、その打球がぐんぐん伸びフェンス際に落ちるレフトオーバーの2ベースヒットになった。

万波選手は190cm92kgの1年生で、東練馬シニア時代からその長打力と138キロを記録する投球に注目されていた。

この日は視察した埼玉西武の鈴木球団本部長が「オコエよりも体が大きいし、すごい飛距離だ。足も速い。楽しみな選手が出てきた」と話した。

今は背番号13で試合では代打などで出てくることが多い。それだけ横浜高校のレギュラー陣は充実している。しかし秋の新チームからは万波選手を中心とした形になるものとみられる。

横浜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2018年度-高校生のドラフト候補リスト

投げては今秋ドラフト上位候補の藤平尚真投手(3年)が、8回5安打8奪三振で1失点。150キロをマークした右腕は「久しぶりの公式戦で本調子ではなかったけど、(終盤まで)接戦で抑えられてよかった」と振り返った。


PAGE TOP