履正社・寺島成輝投手に注目

寺島成輝, 履正社高

デイリースポーツの「トラが追う」で履正社高校・寺島成輝投手の特集をしている。完成度が高く、高校生ながら即戦力と言われる左腕投手が、どのように評価されているのかをまとめた。

即戦力左腕

寺島成輝投手は183cm86kgの左腕投手で、最速は148キロを記録する。これだけでもドラフトでは上位に名前が挙がる候補になりそうだが、寺島投手にはさらに制球力もあり、変化球も投げ分けられる、という評価が付く。

視察をしている阪神の和田SAは、「左の本格派でこれほど制球がいい投手はいない。体ができているし、今でも1軍ローテを争える。しっかり鍛えれば20勝できる可能性も秘めている」と話し、即戦力という評価を惜しみなく出している。そして特に注目をしているのは、プレートのファースト側に立ち、横の角度をつけた球は、左右の打者のインコースをえぐり、「あの直球は高校生のドアスイングでは打てない。狙ってポイントを前に置くか、うまく体を回転させるかじゃないと」と話した。

唯一、気になるところといえば、甲子園出場の経験がない事。特に大阪大会では大阪桐蔭の壁を崩せず、昨年は1回戦で姿を消している。それでも履正社の岡田監督は、「岡田や山田も自分で考えてやったことがプロに行っても頑張っている要因」と話し、オリックスのT-岡田選手や東京ヤクルト山田哲人選手を例に挙げ、「お前もプロを目指すなら自分でやらなあかんよ」と、プロでの活躍を見据えて、寺島投手に調整を任せているという。

寺島投手の評価

寺島投手の評価を考えると、昨年の県岐阜商の高橋純平投手がベースになる。高橋純平投手はドラフト1位で3球団が競合しているが、実力や体格的には互角で、甲子園での実績がない事を差し引いても、左投手という事で寺島投手の方が評価が高くなる。

ただし、今年は大学生投手や遊撃手の候補がそろい、指名はある程度分散する可能性が高い。例年であれば3球団から5球団は指名重複が予想される投手だと思う。

素質は間違いなく高い。しかしプロ野球を見渡すと本格派左腕よりも特徴的な左腕投手の方が勝っている印象があり、本格派投手は味方を変えると素直な投球をする投手という事にもなる。横浜DeNA・今永投手にしてもインサイドをえぐる直球とスライダー、チェンジアップのコンビネーションがあり、岩貞投手も鋭い変化球がある。鋭いスライダーを投げ20勝を挙げた井川投手、大きなカーブや角度のある速球を投げた今中投手、どれも特徴が思い浮かぶ。

148キロの速球は十分威力があるが、高めでも空振りを奪えるようなより絶対的な直球にするか、大きなカーブや鋭く沈むスライダーなど特徴を磨くか、特徴をさらに磨いて20勝できる左腕投手になってほしい。

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

寺島歩む、ドラ1ロード デイリースポーツ紙面 2016/5/24

 


PAGE TOP