仙台育英が東陵に敗れるも福山龍旺選手がホームラン、3位決定戦へ

仙台育英, 福山龍旺

春季高校野球宮城大会では準決勝で東陵と仙台育英が対戦し、3-2で東陵が勝利した。仙台育英は福山龍旺選手がホームランを放ったものの1点差で敗れ、3位決定戦にまわる。

188cmスラッガー

福山龍旺選手は188cm85kgの右投げ右打ちの大きな選手で、投手として140キロの速球を投げ、打者としても体に合った迫力のある打球を放つ。埼玉・浦和シニア出身で、仙台育英から福岡ソフトバンクに進んだ上林誠知選手の後輩となる。

今大会は6番から4番に昇格しレフトで出場すると、この日の準決勝・東陵戦で7回1アウト1塁の場面で、レフトスタンドに2ランホームランを放った。試合は2-3で敗れ「勝利につながらず残念です」と話したものの、「あしたは勝利に貢献したい」と今日行われる3位決定戦に勝利して東北大会に出場することを誓った。

昨年は佐藤世那投手(オリックスドラフト6位)、平沢大河選手(千葉ロッテドラフト1位)、郡司裕也選手(慶応大)などを擁し夏の甲子園で準優勝するなど高校野球の中心となっていた仙台育英だが、戦力がそろっていた分だけ穴は大きい。しかし福山選手など注目の選手もおり、やはり目が離せない。

宮城大会は東陵と東北高が勝利し東北大会出場を決めた。また仙台育英と柴田が3位決定戦を行い、勝者が東北大会に出場する。東北大会は6月9日から岩手で開催される。

仙台育英高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

東陵高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

3点を追う7回1死一塁で、左翼へ1点差に迫る2ラン。しかし勝利につながらず「なんとか1点を取ろうと思って、チームのために打ったのですが…勝利につながらず残念です」と表情は晴れなかった。


PAGE TOP