高校野球近畿大会、センバツ活躍の明石商と智弁学園が勝利

吉高壮, 明石商, 智弁学園, 松本大地

春季高校野球近畿大会が開幕し、1回戦2試合が行われ、センバツ優勝の智弁学園とセンバツベスト8の明石商がともに勝ち上がった。

エース登板と新戦力と

センバツベスト8の明石商は、兵庫大会ではエースの吉高壮投手は登板せず、背番号10の山崎伊織投手が180cmの速球を投げて好投し注目された。しかしこの日の光泉戦では吉高投手がセンバツ以来の投球を見せ、5回まで無失点おさえてさすがのピッチングを見せた。6回以降は山崎投手は登板しなかったものの、ほかの投手たちが継投し、6-1で勝利した。

またセンバツ優勝の智弁学園は、センバツを一人で投げ切った村上頌樹投手がブルペンで準備をする中で、背番号10の松本大地投手が先発し、紀央館を3安打10奪三振で完封した。松本投手は173cmと小柄だが、鋭いシュートとスライダーを投げ、打者のインコースを攻める投球が持ち味。小坂監督も「夏は2番手以降が必要になる。使えるめどが立った」と話し、春夏連覇に向けて頼もしい戦力の台頭を喜んだ。

明石商は145キロを超す二人の投手を擁し、智弁学園も村上投手を始め打線でも魅力ある選手がそろう。夏の戦いでも両校ともに中心となってきそうだ。

春季高校野球(2016)近畿大会の対戦カードと注目選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

智弁学園高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

明石商業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-近畿のドラフト候補リスト

智弁学園の松本大が3安打完封した。スライダーを丁寧に低めに決め、奪った三振も10個。背番号10の3年生右腕は「ずっと村上に頼ってきたので、夏を戦うには自分が頑張らないといけない」と自覚十分に語った。


PAGE TOP