仙台育英・中島隼也投手が5安打完封、144キロ記録

中島隼也, 仙台育英

高校野球東北大会が開幕し、仙台育英が大曲工に2-0で勝利した。背番号11の中島隼也投手が5安打完封した。

144キロ

中島隼也投手は178cmの右腕でこれまで自己最速は143キロを記録、ストレートの質にこだわりを持っている。この日は自己最速を更新する144キロを記録し、またスライダーのキレ味も抜群で、「ストレートが走っていた。コースにビシバシ決まって、変化球が生きた」と話し、10三振を奪った。9回5安打10奪三振1四死球で無失点と素晴らしい投球だった。

背番号11をつけるが県大会では準決勝で先発した。しかしその試合で粘ることができずに序盤で降板し、試合も2-3で東陵に敗れ、県大会6連覇を逃した。そこから気持ちが大きく変わり、この日の好投につながった。

昨夏につながる夏にするに、中島投手の好投に期待がかかる。

2016年度-高校生-宮城県のドラフト候補リスト

2016年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

自己最速を1キロ更新する144キロをマーク。切れのあるスライダーを織り交ぜて10三振を奪った。「ストレートが走っていた。コースにビシバシ決まって、変化球が生きた」と声を弾ませた。


PAGE TOP