履正社・寺島成輝投手が3回1安打3奪三振、ソフトバンク、西武が視察

寺島成輝, 履正社

履正社は7月2日に興譲館と練習試合を行い、148キロ左腕の寺島成輝投手が先発すると、3回を1安打3奪三振無失点にまとめ、大会前の最後の登板を終えた。

3球団スカウト視察

この日は最速143キロを記録し、3回1安打3奪三振無失点と好投を見せた。初戦は16日の関大一との試合で「しっかり責任を果たしたい」と話した。

この日は福岡ソフトバンク埼玉西武など3球団のスカウトが視察に訪れた。福岡ソフトバンクは右腕投手のドラフト上位指名が続いており、今年も例年通り高校生の指名をする場合には、左腕投手の寺島投手が最有力とみられる。

埼玉西武は右のエース候補として横浜高の藤平尚真投手や、創価大・田中正義投手などの指名が考えられるが、左腕投手としては寺島成輝投手が筆頭とみられる。現場から左腕投手の獲得が要望された場合も考え、寺島投手も最後まで追う事になりそうだ。ただし江陵の左腕・古谷優人投手の評価も高く、1位で寺島投手を指名しなかった場合は2位以降で古谷投手の指名もありそうだ。

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

ソフトバンク、西武など3球団が視察する中、3回を被安打1の3奪三振、無失点にまとめた。現在は学校のテスト期間中ながら、直球の最速は143キロを計測するなど本番をにらんだ調整に抜かりはない。


PAGE TOP