高校野球・鳥取大会(2016):ドラフト注目度C

高校野球鳥取大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では直接指名された選手はなく、鳥取城北出身の能見篤史投手が阪神の左のエースとして登板するものの、近年はあまりプロ野球選手が出ていない。今年は注目選手がいるのか。

地区

昨年夏は鳥取城北が甲子園に出場したが、鶴岡東に6-9で敗れ初戦で姿を消した。秋も鳥取城北が優勝し、境高が準優勝、しかし中国大会では3位の鳥取西も含め3チームとも初戦で敗退した。

春も鳥取城北が優勝し、準優勝は鳥取西、地元で行われた春の中国大会には、3位の倉吉東、4位の境と4校が出場したが、倉吉東の1勝だけに終わった。地域として何か対策が必要になっているのかもしれない。

注目選手

鳥取城北の1番バッター・寺坂黎哉選手は50m5.9秒の俊足があり、スイングスピードも速く、1番バッターとしてはもっと注目されても良い選手。主軸の垣内祥平選手は172cmと小柄だが長打力があり1年時から主軸、エースの中塚龍弥投手は181cm80kgの本格派右腕で、140キロを超えてきているという。チームとして総合力が高い。

その他の選手

倉吉東の中嶋倫教投手は130キロ後半の直球に力強さがあり、県でもトップクラスの投手。

鳥取西の国岡啓史投手は捕手としてマスクを被るが、登板しても力のある速球を投げる。

境高の勝部浩平選手はスイングスピードが速く、中学時は県外の強豪から誘われた逸材。投げても130キロを記録するなど力のある選手。

2016年度以降-高校生-鳥取県のドラフト候補リスト


PAGE TOP