岩手・千厩高校の千葉英太投手が5回1安打13奪三振

千厩高, 千葉英太

高校野球岩手大会では千厩高校の2年生・千葉英太投手が、5回を投げて6者連続を含む13三振を奪う快投を見せた。

5回13K

千葉英太投手は2年生、171cmと小柄ながら138キロのキレの良いボールと鋭いスライダーが武器の投手、今年は背番号11をつける。

この日は一関高専と対戦すると5回を投げて打者16人に対し6者連続奪三振など合計13奪三振、ヒット1本を許したものの5回1安打で無失点に抑えて勝利を挙げた。

この春は1試合16奪三振を記録、また強豪・一関学院戦ではチームの延長11回サヨナラ勝利に貢献するなど実力の高さを見せている。

千葉投手は「初戦だったので三振をとって、コールドで勝ちたかった」と話した。そして「将来はプロに行きたい」とプロ志望を口にした。

昨年のドラフトでは埼玉西武の9位で、青森・弘前工業の藤田航生投手が指名されたが、藤田投手も左腕ではあるが、スカウトが「打てないスライダーを投げる」と評価しての指名だった。得意のスライダーを磨いて好投を続ければ、来年はスカウトの目が届く事になる。注目したい。

2017年度-高校生のドラフト候補リスト

高校野球・岩手大会(2016):ドラフト注目度C | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page


PAGE TOP