真颯館・高木渉投手が143キロ右腕に急成長、9回3安打12奪三振完投

真颯館, 高木渉

高校野球福岡大会では真颯館の高木渉投手が9回3安打12奪三振1失点の好投を見せた。春から球速が8キロアップし急成長を見せる。

急成長

高木渉投手は180cm75kgの右腕投手でこの春までは135キロを記録していた。しかしその後にフォームを改造し、セットアップで投球をするようにすると、夏直前の練習試合で143キロを記録したという。

その高木投手はこの日、9回125球を投げて3安打12奪三振1失点、「今日は調子が良かった。最初から手ごたえがありました」と話した。1失点は味方内野陣のエラーで自責点は0だった。

中学時代も多くの高校から誘いを受けたという高木投手、その素質が急激に開花し、激戦区福岡に戦いを挑む。

真颯館高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

高校野球・福岡大会(2016):ドラフト注目度A | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

真颯館台風の目、高木3安打12奪三振完投 西日本スポーツ 2016/7/11

 


PAGE TOP