桐生南・東宮諒投手が146キロ速球で7回完投

東宮諒, 桐生南

高校野球群馬大会では桐生南の146キロ右腕・東宮諒投手が登板し、7回1失点でコールド勝利した。

146キロ右腕

東宮諒投手は180cm78kgの体がある投手で、投手を始めたのは高校に入ってから。2年時には140キロの回転の良い速球と鋭いスライダーを投げ、桐生第一を8回3失点に抑えるなど好投を見せていた。この春までに体重が10kg増えると5月の練習試合で146キロを記録、春の大会では伊勢崎興陽戦で打者15人から12奪三振を奪う快投を演じている。

その東宮投手はこの日、太田工との1回戦で先発すると、「狙われていたけどストレートで押した」と最速146キロを記録した直球で押し、相手打線をねじ伏せた。試合は9-1、7回コールドで勝利した。

この日、視察に訪れていた元巨人の投手で城西大の小原沢監督は「1メートル80と体が大きく馬力がある。大学の4年間で10キロは球速が上がる」と評価、のどから手が出る欲しい投手として注目している。

この日のスカウト視察情報はないが、次の試合では何人かのスカウトが集まることになりそうだ。

2016年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2016年度-高校生-群馬県のドラフト候補リスト

高校野球・群馬大会(2016):ドラフト注目度C | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

好投手の呼び声高い右腕・東宮は7回1失点で完投した。「狙われていたけどストレートで押した」と、自己最速146キロの直球を主体に相手打線を封じた。視察に訪れた城西大・小原沢監督は「1メートル80と体が大きく馬力がある。大学の4年間で10キロは球速が上がる」と評価した。


PAGE TOP