川越東の146キロ右腕・星野裕帆投手が2失点完投、オリックス、阪神、中日スカウトが視察

川越東, 星野裕帆

高校野球埼玉大会ではノーシードの川越東がシードの山村学園と対戦し、4-2で川越東が勝利した。プロ注目の146キロ右腕・星野裕帆投手が2失点完投勝利、この日はオリックス阪神中日のスカウトが視察し評価をしている。

5月に146キロ記録

川越東の星野裕帆投手は183cm83kgの体があり、投げてはこの春に146キロを記録、打っても左のスラッガーとして注目されている。強豪の川越東だが今大会はノーシード、それでも春ベスト4の山村学園を相手に「内角を真っすぐで攻めた。最後まで投げ抜こうと思った」と話し、力のある速球を投げ込んだ。

序盤から飛ばしていたため5回には疲れも見せたが、コントロール重視でコーナーをうまく使った」と制球の良さも見せた。

プロへの道

この日はオリックス、阪神、中日などのスカウトが視察に訪れた。中日の正津スカウトは「腕の使い方が柔らかい。ボールを前でたたけている」と話し、フォームの良さを評価していた。

星野選手は学業も優秀で進学も視野に入れているという。それでも父親は厳しい指導で星野選手を育て、将来はプロ入りを目指している。

進路について星野投手は「この夏しだい」と話した。埼玉の怪腕の快進撃と、将来のプロでの活躍に期待したい。

2016年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2016年度-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト

高校野球・埼玉大会(2016):ドラフト注目度B | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

川越東の星野、2失点完投 西日本スポーツ紙面 2016/7/12

 

川越東が埼玉2回戦で、シード校の山村学園を4-2で下した。プロ注目のエース右腕・星野が4安打2失点で完投し、「内角を真っすぐで攻めた。最後まで投げ抜こうと思った」と満足そうにうなずいた。


PAGE TOP