プロ注目の東海大甲府・菊地大輝投手、浦和学院・榊原翼投手、作新学院・今井達也投手が初戦飾る

今井達也, 榊原翼, 菊地大輝

関東では東海大甲府・菊地大輝投手、浦和学院・榊原翼投手、作新学院・今井達也投手といったプロ注目投手が初戦を飾った。

東海大甲府

東海大甲府は146キロ右腕の菊地大輝投手が山梨農林戦で先発すると、4回を投げて3安打無失点と貫禄のピッチングを見せた。1年時より力のある球を投げ、エースとして登板していたものの、春はチームメイトの松葉行人投手に背番号1を奪われていた。この夏は背番号1をつけ、最後の夏を迎えた。がっしりとした体から力のある速球を投げ込む菊地投手、この夏の投球に注目したい。

またチームでは1年生で期待の大きな渡部雄大投手と小野寺瑞生投手がデビューした。渡部投手は函館港西リトルシニアで注目された179cmの左腕、この日は5回に2番手で登板すると1回2安打1失点、「浮いた球が多かった」と反省していた。

そして6回には184cm95kgの小野寺投手が登板し、先頭打者をセカンドゴロに打ち取るとその後は2者連続三振を奪った。また打撃でも1アウト満塁の場面でレフト前にタイムリーヒットを放ち投打に活躍を見せた。小野寺投手は川崎中央シニアで140キロの速球を投げ、また打撃でも抜群の長打力を見せる。出身の田中正義投手も自分より上と話す小野寺選手、どんな成長を見せるのか期待したい。

浦和学院

浦和学院はプロ注目のエース・榊原翼投手が先発し5回1安打無失点に抑えると、2回には3ランホームランを放つなど打撃でも2安打4打点の活躍を見せた。投球に関しては141キロを記録したが「初戦ということで力んでしまった」と反省していた。この日は3球団のスカウトが視察をしていた。

また7回2アウトからは1年生の佐野涼弥投手が登板し、ライトフライに打ち取って試合を締めた。佐野投手は178cmの左腕投手で小島和哉投手や江口奨理投手より上と評価される素質ある左腕投手。「焦りはなかった。一人だけだったので物足りなかった」と話したが「初めての夏は雰囲気が全然違った」とも話している。

作新学院

作新学院は151キロ右腕の今井達也投手が登板し、4回をノーヒット7奪三振と圧巻の投球を見せた。「直球の状態は悪くない」と話し好調のようだ。強豪の作新学院とありまだこの段階でスカウトが集まるという事はなかったが、これから名前がどんどん挙がってくると思われる。

こちらも同学年の松葉と競い合い最後の夏にエースナンバーを勝ち取った。

堂々としたマウンドさばきだった。6回、1年生右腕・小野寺が3番手で登板。先頭打者を二ゴロに打ち取ると、そこから2者連続三振。3者凡退に仕留め、駆け足でベンチに戻った。

ネット裏には3球団のスカウトが熱視線を送る中で、この日の最速141キロには「初戦ということで力んでしまった」と反省しきり。高校通算2本目の本塁打については「犠飛でもいいという気持ちで打った。直球にうまく合わせられた」と振り返った。


PAGE TOP