佐野日大・五十幡亮太選手が盗塁と先制のホームイン

五十幡亮汰, 佐野日大

高校野球栃木大会では佐野日大が初戦の今市戦で10-0と勝利し勝ち上がった。抜群の足を持つ五十幡亮汰選手が果敢な走塁を見せた。

中学NO.1の足

五十幡亮汰選手は中学時代の全国大会で100m、200mで優勝し、サニブラウン選手などを退けている。そしてU15代表としてもトップバッターとして抜群の足を見せつけていた。

高校では盗塁の難しさを感じ壁に当たっていたが、この日は初回、四球を選んで塁に出ると、いきなり盗塁を決め、その後の味方のヒットで一気にホームインして、ベースを一周して帰ってきた。五十幡選手は「成功してよかった。先頭で出塁できたのは収穫です」と話した。

この日はノーヒットに終わったものの、足で試合の流れを作ることができた。中学時代に足と同様に注目された強肩は、今年は外野手から遊撃手に転向してプレーし、これからショートからの強肩も見せれるようになるだろう。

2016年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

高校野球・栃木大会(2016):ドラフト注目度B | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

。初回、四球を選んで塁に出るとすかさず二盗。チームを勢いづけ、後続の適時打で先制のホームを踏んだ。「(盗塁が)成功してよかった。先頭で出塁できたのは収穫です」と汗をぬぐった。


PAGE TOP