有明・内村僚選手の夏終わる、プロ3球団スカウト視察

内村僚, 有明高

高校野球熊本大会では有明が八代東に2-6で敗れ、夏が終わった。プロ注目の内村僚選手に千葉ロッテ横浜DeNA東京ヤクルト3球団のスカウトが視察に訪れた。

4打数1安打

内村僚選手は178cmの右の打者で、強い打撃ができる捕手としてプロも早くから注目していた。この日も1回戦の八代東戦に千葉ロッテ、横浜DeNA、東京ヤクルトの3球団のスカウトが姿を見せ注目度の高さを示した。

試合では第1打席に2ベースヒットを放ったものの、その後は3打席凡退。また守備でも投手陣が12安打を打たれ、2-6で初戦敗退、「100%のうち30%しか出せなかった」と悔しさを現した。

卒業後については未定とのこと、「もっとスローイングを安定させ、コンスタントに打てる選手になりたい」と話した内村選手はどのような進路を決めるか注目したい。

高校野球・熊本大会(2016):ドラフト注目度B | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

2016年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

ロッテ、DeNA、ヤクルトのスカウトが見守る中、先頭で迎えた1回の第1打席で二塁打を放った。だがその後の3打席は中飛、二ゴロ、三ゴロ。守ってもリードが不調で12安打を浴び「100%のうち30%しか出せなかった」と力不足を悔いた。


PAGE TOP