日大三・坂倉将吾捕手、中部大第一・立野和明投手にプロスカウト注目

中部大第一, 坂倉将吾, 日大三, 立野和明

日大三の坂倉将吾捕手に8球団のスカウトが、また中部大第一の立野和明投手に横浜DeNA、広島など2球団のスカウトが視察した。

通算20発捕手

日大三の坂倉将吾捕手は高校通算20発を超すホームランを放っている左のスラッガーで、強肩やフットワークも含めてプロから高い評価を受けている。この日は佼成学園と10-9の激闘で勝利したが、坂倉選手が9回裏にサヨナラの犠牲フライを放った。

この試合には東京ヤクルトなど8球団のスカウトが視察している。

181cm142キロ投手

また愛知大会では中部大第一の立野和明投手が登板した。立野投手は181cm74kgの右腕で、回転の良いストレートが魅力、球速も142キロを記録する。

この日は尾西戦で登板すると、7回を投げて11奪三振、5者連続奪三振など噂にたがわぬストレートを投げ込んだ。最速は138キロだった。

この日、視察した横浜DeNAの大久保スカウトは「フォームに癖がない。このまま力をつければ面白い投手になる」と話すと、広島の松本スカウトも「スピードが出てくれば、上を狙える」と素質に注目していた。

この辺の選手は、指名されるかどうかの所だと思う。プロで育てるか、大学・社会人で成長を見るか、プロのスカウトの判断に注目される。大学などに進めば、数年後に再び注目されるかもしれない。

高校野球・西東京大会(2016):ドラフト注目度B

高校野球・愛知大会(2016):ドラフト注目度A

1死満塁。坂倉が左打席に入った。「何も考えずに打ちました。うれしい。ただそれだけです」。ヤクルトなど8球団のスカウトが視察する中、腹をくくって振り抜いた打球は中堅へのサヨナラ犠飛となった。

立野11K スカウト◎ 中日スポーツ紙面 2016/7/15

 


PAGE TOP