酒田南・石垣雅海選手が3ランホームラン2発、素材はヤクルト山田級

石垣雅海, 酒田南

高校野球山形大会では酒田南の石垣雅海選手が大暴れをしている。この日の鶴岡工戦では3ランホームラン2発を放ち、これで2試合で3本の3ランホームランとなった。プロのスカウトもその素質に太鼓判を押した。

2戦3発

石垣雅海選手選手は180cmの内野手で今年春からは遊撃手を守る。高校通算30発を超す長打力と、春の大会で打率5割を記録するなどアベレージも残し、打撃センスでは高校NO.1の評価もある。

今大会は2回戦に3ランホームランを放つとこの日は3ランホームラン2本を放ち3安打7打点の活躍を見せた。これで2試合で6打数5安打3本塁打で10打点と大暴れをしている。

石垣選手は春の山形大会でも2本塁打を記録した。しかし東北大会で不調となり打撃フォームを修正すると、「前を大きく意識する事で打球に回転をかける事を掴んだ」と6月下旬の練習試合からこの日まで7本のホームランを放ち、高校通算37本塁打とした。

中日スカウト絶賛

この日は中日広島の2球団が視察し、中日の石井チーフスカウトは、「素材はヤクルト山田級。プロでもホームランを量産できる」と話し、山田哲人選手クラスと高い評価をしている。また広島の近藤芳久スカウトも「パワー、飛距離が魅力。高校生であれだけ高く上がる本塁打を打てる選手はなかなかいない」と評価した。

長打の打てる遊撃手は非常に魅力的で、プロ志望をすれば高い順位で指名される可能性もある。

石垣選手は「県大会5本が最高なので6本打って甲子園に行きたい」と話した。まずは通算40本が目標としている。

2016年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

高校野球・山形大会(2016):ドラフト注目度C | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

初回の適時二塁打と4回の死球で、3打数3安打7打点、全4打席出塁の大活躍も「(2本塁打は)どっちも(バットの)先っぽ。芯で捉えないと」と反省。それでもこの日は国内2球団のスカウトが視察し、広島の近藤芳久スカウトは「パワー、飛距離が魅力。高校生であれだけ高く上がる本塁打を打てる選手はなかなかいない」と話した。

酒田南・石垣3ラン2戦3発 日刊スポーツ紙面 2016/7/16

 


PAGE TOP