花咲徳栄・高橋昂也投手が150キロ記録、千葉ロッテスカウト「順調に来ている」

花咲徳栄, 高橋昂也

高校野球埼玉大会では花咲徳栄の高橋昂也投手が150キロを記録した。今年は150キロを記録する左腕投手が3人になり、まれにみる高校生左腕投手の当たり年となっている。

150キロ左腕誕生

高橋昂也投手はこの日、この夏初めて先発すると、これまでの自己最速145キロを大きく更新する150キロを記録した。試合は6回9安打を許したものの9つの三振を奪い無失点に抑えた。高橋投手は「自分のピッチングができた。力の抜きどころを意識できた」と話し、ヒットはかなり打たれたもののテーマをもって投球をしていたようだ。

高橋投手は昨年夏の甲子園でも好投を見せるなど、今年の高校生左腕投手では屈指の投手として評価されていた。しかしセンバツでの投球が良くなく、その後も背筋を痛め復活に向けて調整をしていた。この投球に千葉ロッテの永野チーフスカウトが視察し「順調に来ている。申し分ない」と評価をしている。

今年は左腕投手では履正社の寺島成輝投手がドラフト1位間違いなしの評価を受けるが、昨日は北海道の左腕・江陵の古谷優人投手が154キロを記録し、大阪桐蔭の高山優希投手も昨年秋に150キロを記録している。そしてこの日は高橋投手が150キロを記録し、ほかにも常総学院の鈴木昭汰投手、木更津総合の早川隆久投手、二松学舎大付の大江竜聖投手など注目左腕がそろう。ここ数年で例のない高校生左腕投手の豊作年となった。

昨年は東海大相模の小笠原慎之介投手が152キロを記録し甲子園で優勝した。そしてドラフト会議ではドラフト1位で外れながらも抽選となった。12球団は田中正義投手など豊富な大学生投手もいる中で、高校生左腕投手の獲得も視野に入れる。

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

自己最速の145キロを大きく更新する150キロをマークするなど、切れのある直球で9奪三振。ロッテ・永野吉成チーフスカウトは「順調にきている。申し分ない」と高く評価した。高橋昂は「自分のピッチングができた。力の抜きどころを意識できた」と胸を張った。


PAGE TOP