京都・京都翔英の石原彪選手が活躍、塔南は145キロ右腕・築山雄介投手が12K

石原彪, 築山雄介

京都大会では京都翔英の石原彪選手が2安打2打点の活躍で快勝、また塔南はプロ注目の145キロ右腕・築山雄介が3安打12奪三振1失点で完投勝利した。

2塁打に反省

京都翔英の石原彪選手は172cm88kgの体型が注目されるが、太る前は50m6.0秒の足のある選手でもあった。この日は2安打で2打点を記録して活躍したが、6回にはレフトオーバーの当たりで2ベースヒット、しかしホームランと思って流して走り、2ベースヒットどまりだった。するとベンチからは「もっと走っとけよ」と声がかかり、「次からはしっかり走ります」と話していた。

6者連続を含む12奪三振

塔南高校はプロ注目の145キロ右腕・築山雄介投手が登板し、3安打12奪三振1失点と好投した。7回2アウトから9回2アウトまで試合終盤に6者連続奪三振を記録するなど、スタミナがあるところも見せた。築山投手は2年生秋に本格的に投手を始め、この日も9回2アウトから一時同点となるホームランを浴びたものの、これから伸びしろが期待できそうだ。

2016年度-高校生-京都府のドラフト候補リスト

ドカベン石原、京都翔英4強 デイリースポーツ紙面 2016/7/23

 


PAGE TOP