木更津総合・早川隆久投手が完封、東海大市原望洋・島孝明投手は進路を明かさず

島孝明, 早川隆久, 木更津総合, 東海大市原望洋

千葉大会では木更津総合vs東海大市原望洋という優勝候補同士でプロ注目投手のいる対戦が行われ、木更津総合のエース早川隆久投手が完封し1-0で勝利した。東海大市原望洋の154キロ右腕・島孝明投手はリリーフして150キロを記録したものの敗れた。進路については明かさなかった。

早川投手が完封

木更津総合の早川隆久投手はこの日は大きく曲がるスライダーをバッターの内角・外角に配し、「左打者はほとんど見えていなかった」と話すなど冷静にバッターを分析して丁寧に投げ続けた。9回2アウト1,2塁の場面でも「自信を持って投げました」とスライダーで空振り三振に仕留めた。9回5安打9奪三振で完封勝利、甲子園に1歩近づいた。

この日の最速は141キロ、体の大きさや球威ではほかの左腕のドラフト候補にはまだ追いつかないが、スライダーやコントロール、そして実戦感覚ではトップを行く投手だと思う。大学進学の可能性が高いとみられるが、注目し続けたい。

島投手は2回2/3をノーヒットも

一方、東海大市原望洋は2年生の金久保優斗投手が先発、大事なところでは外角低めに143キロ前後のストレートを投げることができる、非常に完成度の高い投手で、来年のドラフト候補の一人だろう。この日も木更津総合打線を6回途中まで1失点に抑える好投を見せたが、この1点が命取りとなった。

そして6回1アウトからは154キロ右腕の島投手が登板する。島投手は9回まで2回2/3をノーヒット、1四球1奪三振に抑え、ストレートもこの夏初めて150キロを記録した。「絶対抑えるぞという気持ちで投げた」と話した島投手だったが、悔しさものぞかせた。

島投手は2年生秋に145キロを記録、まだ線が細い投手だったものの、この春に体型が大きく変わり153キロを記録、千葉大会で優勝をしていた。「苦労が多い3年間だったが、楽しいチームでした」と話した島投手の3年間は、ドラフト1位候補に駆け上がった3年間でもあった。

進路について聞かれると「これから監督や親と相談して決めます」と話した。プロ志望をすればドラフト3位前後で指名されると思う。

2016年度-高校生-千葉県のドラフト候補リスト

2016年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

先発に左打者が5人並んだ相手打線に縦のスライダーが効いた。「左打者はほとんど見えていなかった」と8三振を奪った。最速は141キロ。

6回1死二塁から2回2/3を投げ無安打1四球1奪三振無失点。直球は150キロを計測し「絶対抑えるぞという気持ちで投げた。苦労が多い3年間だったが、楽しいチームでした」と涙を見せた。


PAGE TOP