常葉菊川が常葉橘に勝利、プロ注目・栗原健選手が特大47号弾

栗原健, 谷脇亮介

静岡大会では常葉菊川vs常葉橘の準決勝が行われ、常葉菊川のプロ注目スラッガー・栗原健選手の特大弾などで12-0で菊川が圧勝した。

プロ注目選手同士

常葉橘には144キロの速球を投げる県屈指の好投手・谷脇亮介投手がいる。常葉菊川は春季大会2回戦で対戦し、6-7で敗れていた。

この日は4回まで谷脇投手に1点に抑えられていたが、5回にプロ注目の栗原健選手が、ライトスタンドの上段に突き刺さる特大の高校通算47号ホームランを放つと、チームも一気に畳みかけて6回までに谷脇投手から8点を奪いマウンドからおろした。スラッガーの一発で勝利に勢いをつけた。

森下監督も「栗原の一発で盛り上がった。本来以上の力が出た」と話し、主砲の一発の価値を語った。

一方、谷脇投手は6回を投げて12安打4四死球で8失点、9つの三振を奪うなど意地も見せた。

2016年度-高校生-静岡県のドラフト候補リスト

5回の第3打席。先頭で1ボールから内角高めのシンカーを振り抜くと打球は右翼スタンド上段に一直線。常葉橘の小林右翼手もただ見上げるだけの度肝を抜く高校通算第47号だった。


PAGE TOP