東邦が甲子園、藤嶋健人投手が夏の甲子園に還る

東邦高, 藤嶋健人

熱きエース、東邦の藤嶋健人投手が夏の甲子園に還ってきた。この日は先発すると7安打で2点を許すも終盤のピンチを気迫でねじ伏せ、甲子園出場を決めた。

無死満塁

藤嶋投手は先発すると、味方打線が6回までに6点を取り6-1とリードしていた。しかし7回にノーアウト満塁のピンチを迎えてしまう。森田監督が「へばっているなら代えるぞ」という声に発奮した藤嶋投手はそこから勢いのある速球と得意の沈む球で2者連続三振を奪うと、最後は140キロの速球でライトフライに抑え1点も与えなかった。

1年時に夏の甲子園を経験している藤嶋投手だが、「自分たちの代で甲子園に行けることに格別の喜びがある。こんな幸せな勝利はない」と話し喜んだ。

藤嶋投手は最速146キロを記録する投手として、また高校通算48本塁打を放つスラッガーとして注目されるも、今大会は打撃練習時に左手首に死球を受け、バットを振るのもつらい状態のようでヒットは1本しか記録していない。しかし、「甲子園で注目される中、どういうピッチングをするかで自分の人生も決まっていくので頑張りたいです」と話し、「楽しむのが目標だけど、注目してもらえたらうれしい」と甲子園では秋のドラフト会議に向けて打撃でもアピールしたいと意気込みを見せた。

2016年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2016年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

最速146キロ、通算48本塁打の投打で注目を集めるドラフト候補も万全ではなかった。練習中に左手首を痛めた影響もあり、大会を通じて安打はわずか1本。その分、甲子園で暴れる。「楽しむのが目標だけど、(プロ側に)注目してもらえたらうれしい」。

最後の打者を一ゴロに仕留めた東邦・藤嶋は右手人さし指を突き上げて喜びを爆発させた。2年ぶりに夏を制覇。春夏連続の甲子園出場を決めた藤嶋は「自分たちの代で甲子園に行けることに格別の喜びがある。こんな幸せな勝利はない」と優勝の味をかみしめた。

この日の最速141キロを計測したのは九回とスタミナも抜群だ。「甲子園で注目される中、どういうピッチングをするかで、自分の人生も決まっていくので、頑張りたいです」。プロ志望の右腕が、聖地でも絶叫を響かせる。


PAGE TOP