夏の甲子園(2016)の見どころ~その3~ 注目の1,2年生

万波中正, 増田珠, 太田英毅, 安田尚憲, 宮里豊汰, 寺西建, 峯村貴希, 斎藤大輝, 森圭名, 畠中優大, 福元悠真, 福永奨, 綱脇慧, 西浦颯大

2016年夏の甲子園には注目1,2年生も大勢登場する。早稲田実の清宮幸太郎選手が出場できない中で、主役を奪う事ができる選手がいるか注目したい。

注目の1,2年生

この夏、主役となりそうな選手として、常総学院・宮里豊汰選手、木更津総合・峯村貴希選手、星稜・寺西建選手、履正社の安田尚憲選手、智弁学園の太田英毅選手と福元悠真選手、横浜増田珠選手、福永奨選手、1年生の斎藤大輝選手と万波中正選手を挙げる。

常総学院の宮里豊汰選手は昨年秋に藤平尚真投手からホームランを放ち甲子園出場に大きく貢献した。その秋の関東大会は迫力あるスイングでファンを魅了した。しかしセンバツやその後の大会で華々しい活躍は見られず、この夏の茨城大会も全て4番を打ちコンスタントにヒットは打つもののホームランは無く、決勝では4打数ノーヒットに終わり途中で交代させられた。清宮選手のライバルとして注目される選手だけに、まずは甲子園での一発を期待したい。

木更津総合の峯村貴希選手は1番や3番を打つものの、昨年秋に大阪桐蔭の高山優希投手から先頭打者ホームランを放つなど長打力のある大型遊撃手。打撃とともに守備にも注目したい。

智弁学園の3番・太田英毅選手、4番・福元悠真選手の2年生クリンナップも健在、奈良大会決勝では太田選手が2つの四死球を選び、4番福元選手の一発で天理を沈めた。春にセンバツ優勝の勲章をすでに手にしており、二人の目標は春夏連覇などさらに高い所にいっている。

星稜の寺西建選手は191cm92kgの左のスラッガーで、バットのフォロースルーも大きく前で捌いてスタンドに運んでいく。木製バットでも十分打てるスイングをしているし、アベレージも残せるタイプの選手だと思う。またこれから進化していく度合も大きそうな選手で、シン・ゴジラという呼び名は本当にふさわしい。

履正社の安田尚憲選手も187cm85kgという体を誇り左のスラッガーで、打球はとにかく飛びフェンス直撃のヒットも多い。強い体からしっかりとしたスイングができこちらも少々のことで崩されるバッターではない。

横浜の増田珠選手は思い切りのよい打撃が魅力。中距離バッタータイプで左右に外野手の頭を越える打球を放つことができるが、神奈川大会決勝ではレフトスタンド中段にライナーで突き刺さる打球を放ちそのパワーを見せた。
 横浜高校では長打力であれば1年生の万波中正選手もすごさを見せた。低めの球を捌き、横浜スタジアムのバックスクリーンに運んだ一発は、プロのスカウトや元プロ野球選手、そして現役のプロ野球選手も驚きを見せたあたりだった。横浜高校では安定した打撃を見せる1年生の斎藤大輝選手や、捕手として投手を引っ張り、またホームランも打てる福永奨選手など1,2年生が輝きを見せる。

その他の1,2年生注目選手

山梨学院の五十嵐寛人捕手はチームの5番を打ち、球を遠くに飛ばす力を発揮する。佐久長聖・鈴木大河選手はセカンドとしてプレーするが、強肩や打撃は将来の主軸候補。秀岳館の木本凌雅選手も3番を打ち熊本大秋決勝でも2安打3打点を記録した。

投手では3年生世代のエースたちを越えるような投手は現段階ではいないものの、花咲徳栄・綱脇慧投手は1試合を任せられる安定感と実力が既に備わっており、富山第一の森圭名投手はプロ注目の3年生・中津原元輝投手を差し置いて決勝のマウンドに立ち4安打11奪三振で完封した。樟南の畠中優大投手も180cmの大型左腕として安定感ある投球を見せた。

いなべ総合の渡辺啓五投手はセンバツで筋の良い投球を見せたが高松商打線を抑えられず、またこの夏は故障でもしているのか三重大会では登板をしていない。気になる。

また積極的に下級生を起用してくる鳴門や明徳義塾にも注目、明徳義塾は西浦颯大選手の打撃が良く期待が高い。

2017年度-高校生のドラフト候補リスト

2018年度-高校生のドラフト候補リスト

第98回(2016)高校野球選手権大会の出場校と注目選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page


PAGE TOP