横浜高・村田雄大選手、藤平尚真選手、万波中正選手が木製バットでサク越え

万波中正, 村田雄大, 横浜高, 藤平尚真

横浜高校は大阪市内のグラウンドで練習を行い、4番の村田雄大選手や藤平尚真選手、1年生の万波中正選手が木製バットでサク越えを披露した。

もっと良くなる

4番の村田選手はフリー打撃で木製バットでスイングをすると、サク越え弾を放った。「まだ試行錯誤の途中、試合までにはもっと良くなると思う」と話し、試合に向けて調整を続ける。

またエースの藤平尚真選手も神奈川大会では2本塁打を記録しているが、木製バットを使ってロングティーを行いサク越えを見せた。「最初はちょっと引っ張り気味でしたが、ロングティーでもオーバーフェンスがあったし、今とてもいい状態だと思います」と話し、打撃でも好調のようだ。

そして1年生の万波中正選手も木製バットでさく越えを見せ、「芯でとらえられました。金属で打った時に、すごい飛ぶなと感じています」と話している。

万波選手は神奈川大会で出場は4試合だけで、2回戦3回戦で2安打を記録も5回戦の向上戦では2打数ノーヒットに終わっている。3回戦の松陽戦で見せた横浜スタジアムのバックスクリーン弾が衝撃的だったが、打撃や守備の精度などに課題があり、スタメン出場はまだ先というところだろう。しかし、初戦の東北高校は左の渡辺法聖選手で、万波選手の出番があるかもしれない。

第98回高校野球選手権大会(2016)、対戦カードと注目選手一覧

横浜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

木製バットを使用したロングティーでも柵越えし、「最初はちょっと引っ張り気味でしたが、ロングティーでもオーバーフェンスがあったし、今とてもいい状態だと思います」と笑顔。

相手エースの渡辺法聖(3年)は、テイクバックをほとんど取らない独特なフォームの変則左腕だ。「打席に入ってみないと分からない部分もあると思う。タイミングを合わせて、立ち遅れないようにしたい」と燃えていた。


PAGE TOP