前橋育英・継投実らずも佐藤優人投手、吉沢悠投手、皆川喬涼投手に期待

佐藤優人, 前橋育英, 吉沢悠, 皆川喬涼

前橋育英は嘉手納に3-1とリードした7回に一挙8点を奪われ逆転負けを喫した。先発した佐藤優人投手、リリーフした吉沢悠投手と皆川喬涼投手はそれぞれ良さも見せた。

良さを見せる

先発した佐藤優人投手は、球速も130キロ前半、またこの日は序盤に制球が良くなく苦しいピッチングが続いた。それでもバランスの良いフォームから投げる変化球で粘りを見せ、6回まで1失点に抑えていた。

しかし7回、内野安打と内野手の守備の連係ミス、不運なバントヒットなどでノーアウト満塁のピンチを迎えると、低めの速球がわずかに外れてカウントを苦しくして押し出し、続く打者に2点タイムリーを浴び逆転、外野へ下がった。ストレートの強さも変化球もまだまだという感じだが、フォームは良いので体を一回り強く成長してほしい。

リリーフしたのは2年生の吉沢投手、群馬大会では3試合でリリーフ登板し、決勝の健大高崎戦では延長となった10回から登板し12回までの3回を無失点に抑える好投をみせていた。この日も球速は142キロを記録し力強い球でショートライナーの併殺を奪うなど良さを見せたが、その後再びピンチを迎えると、連打が止まらない状態になってしまった。変化球や間などこれから経験を積んでいけば成長が期待できる投手だと思う。

3人目に登板した皆川投手は春の関東大会で関東第一を完封した投手だったが、群馬大会では登板が無かった。この日は最速144キロの速球とフォークボールで7回のピンチを抑えると、8回は2つの四球などで満塁のピンチを背負い味方のエラーで1失点するも、外角低めの140キロを超す速球は素晴らしかった。

試合は敗れたものの、この悔しさを活かして3投手とも成長を期待したい。

前橋育英高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP