広島新庄・堀瑞輝投手が3安打無四球1失点完投、次戦は木更津総合・早川隆久投手と対戦

堀瑞輝, 広島新庄

広島新庄はエースの堀瑞輝投手が9回3安打1失点で完投、わずか90球で投げ終える好投を見せた。9回にこの日最速の144キロを記録するなど余力を残し、次戦の木更津総合戦で早川隆久投手と投げ合う。

80点から90点

堀投手はこの日、スライダーなど変化球を多く使い3回まではパーフェクト、4回に1失点したものの5回以降もテンポよく変化球を投げ、9回を投げて3安打5奪三振1失点で完投した。「今日は球速を求めていなかった。コントロールと切れを求めて、打たせて取ることを心掛けた」と話した堀投手、高校OBで巨人で活躍する田口麗斗投手より、1回戦の投球で力んでいることを指摘されていたという。 「80点から90点。今まで甲子園で投げた中では一番良かった」と話し、納得のピッチングとなった。

3回戦では木更津総合・早川隆久投手と対戦する。早川投手は初戦で完封勝利をしており、プロ注目の左腕同士の投げ合いとなりそうだ。

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

ドラフト番付、2016年高校野球・夏の甲子園場所

177球を投じた10日の関東第一戦後、同校OBで憧れの巨人・田口が「力みすぎ。しっかり制球すれば打たれんじゃろ」と指摘した。先輩の言葉通りに変化球を低めに集めて打たせて取るなど、制球重視の投球で球数はわずか90。安打を許した4、6回以外は3者凡退に抑え、県大会44回で63奪三振の姿とは別人だった。

「80点から90点。今まで甲子園で投げた中では一番良かった」。力んで、抜けるボールが多かった関東第一(東東京)との初戦。その反省からリラックスして臨み、スライダーなどの変化球を効果的に使った。3回まで完全投球。許した安打はわずか3本だった。「今日は球速を求めていなかった。コントロールと切れを求めて、打たせて取ることを心掛けた」。初戦で148キロを計測した直球の最速は144キロ。それでも9回に計測し、余力たっぷりだった。


PAGE TOP