作新学院・今井達也投手の急成長は、「6割の力でストライク」

今井達也, 作新学院

この夏の甲子園で一躍ドラフト1位候補となった作新学院の今井達也投手、急成長のカギは「6割の力でストライク」だった。

栃木大会までは

今井達也投手は今年春の大会では登板もなく、栃木大会でも21回2/3で7失点という内容で、カギとなった準々決勝の文星芸大付戦で先発し完投したものの4失点をし、決勝戦ではリリーフで登板するなど、甲子園ほどの絶対的なエースではなかった。プロのスカウトも「栃木大会ではここまでではなかった」と甲子園の活躍を見て話す。

しかし甲子園では元々149キロを記録していた球速は152キロを記録し、また課題とされていたコントロールも良く、130キロ台のスライダーも威力十分だった。阪神の平塚スカウトは「もともと、これくら投げるポテンシャルは持っていた」と話す。

6,7割の力で

今井投手を覚醒させたのは、小針監督の「6,7割の力でコースに投げてみよう」というアドバイスがきっかけだったという。それまでマウンドで全力で投げており、力みで制球を乱して大量失点していたケースもあったが、6割の力でストライクを投げるようブルペンで投げ込みをすると、試合でも簡単にストライクを取れるようになり、さらに「直球でファウルを打たせられるようにもなった」と話す。

そして何より、力を入れて投げてもコントロールが大きく乱れなくなり、甲子園ではここぞというときにギアチェンジして150キロ台の速球で三振を奪った。

プロでは、さらに体を作ってギアチェンジしない状態の「6割」の部分を成長させれば、ピンチには150キロ中盤の速球で抑えるような投手になるかもしれない。甲子園優勝投手だがまだまだ潜在能力がある、今井投手はそういう投手だろう。

2016年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

作り込んだ土台と、スター性が融合 デイリースポーツ紙面「虎が追う」より 2016/8/23

 


PAGE TOP