侍ジャパンU18代表、早川隆久投手と堀瑞輝投手が1失点、鈴木将平選手は3安打

堀瑞輝, 早川隆久, 鈴木将平

侍ジャパンU18代表は早稲田大との練習試合で、左腕の寺島成輝投手、早川隆久投手、堀瑞輝投手を登板させた。また打線の形も見えてきた。

投手

投手では先発した寺島成輝投手が3回2安打2奪三振2四球で2失点すると、4回からは早川隆久投手が登板した。4回は先頭打者にヒットを許すと送りバントで進められた後に四球で1アウト1,2塁とし、そこから連続暴投で1点を許す。その後四球を出してピンチを背負ったものの、8番、9番を三振に斬って取り、なんとか1失点で抑えた。

5回は3者凡退、6回はヒットを許したが併殺に打ち取り無失点に抑えた。3回2安打2奪三振2四球で1失点だった。

6回からは堀瑞輝投手が登板すると、やはり先頭打者を四球で出してしまったがバントヒットなどでピンチを広げられたものの最後は空振り三振で無失点に抑えた。8回も先頭打者を四球で出したが九鬼隆平選手がけん制でランナーを刺し、その後は2つの三振を奪った。

9回も先頭打者にヒットを許し、2つの三振で2アウトとしたもののタイムリー2ベースを浴びて1失点、最後は三振で締めた。3回2安打7奪三振2四球1失点という内容だった。

3投手とも先頭打者を出すことが多く、寺島投手も堀投手も、らしくない制球だった。マウンドの慣れという事もあるが、寺島投手が「いつもの球場と違うマウンドでも、そういうのに対応しなくちゃいけない」と話した。特に国際大会ではいろいろなマウンドに対応しなければ結果は出せない。

野手

この日の打順と打撃成績(タイブレーク練習も含む

1番サード    松尾大河 3打数1安打2四球
2番セカンド   伊藤優平 3打数1安打1四球1盗塁
3番センター   鈴木将平 5打数3安打2打点
4番キャッチャー 九鬼隆平 5打数1安打3打点
5番ライト    藤嶋健人 3打数0安打1四球
6番レフト    納大地  3打数0安打1四球、送りバント2つ
7番ファースト  入江大生 2打数0安打1打点1死球
8番DH      林中勇輝 3打数0安打、送りバント1つ
9番ショート   佐藤勇基 2打数0安打1打点

初回に2番の伊藤選手が四球を選ぶと3番鈴木選手のヒットで1アウト1,2塁とし、4番九鬼選手の3ランホームランで勝ち越した。

4回は先頭の7番入江選手が死球で出塁すると林中選手がバントで送り、暴投で三塁に進んで9番佐藤選手のライト犠牲フライで1点をとり、8回には5番に途中から出場した藤平尚真選手がサードエラーでノーアウト2塁とすると、6番納選手が送り、7番入江選手が犠牲フライで1点を取った。

3番に入った鈴木選手が好調で9回までに2安打、またタイブレーク練習では中間を破るタイムリー2ベースヒットを放ち2打点を挙げた。しかし、ポイントとなりそうな5番では藤嶋選手が調子が良くなく、途中で藤平選手と交代した。また下位の選手もやはりヒットを打つのには苦労をしそうで、相手の四球やエラーを確実に得点につなげる形となりそうだ。

侍ジャパンU18日本代表選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

侍ジャパンU18代表の投手ローテーションと打順を予想する | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page


PAGE TOP