今井達也投手が大学生を2回5奪三振、ドラフト1位指名重複も

今井達也

侍ジャパンU18代表vs大学日本代表の対戦が行われ、夏の甲子園優勝投手・今井達也投手が8回から登板し、大学生を相手に2回で5三振を奪った。藤平尚真投手、寺島成輝投手なども好投を見せたが、正に高校NO.1の投球を見せた。

高校NO.1

今井達也投手は甲子園の決勝の後、侍ジャパンU18合宿では志願してブルペンで投球をしたものの、早稲田大、立教大との練習試合には登板しなかった。しかしこの日は8回表に登板すると、北村拓己選手を151キロ外角低めのストレートで見逃し三振を奪うと、森川大樹選手にも外角低めのストレートで見逃し三振、そして楠本泰史選手には真ん中高めのストレートで空振り三振を奪った。

続く9回もドラフト上位候補の京田陽太選手をスライダーで追い込むと、145キロの外角低めの球で空振り三振で4者連続の奪三振となった。続く島田海吏選手に内野安打を許したが大西千洋投手を148キロのストレートで空振り三振、最後は濱元航輝選手を150キロのストレートでショートゴロに打ち取った。打者7人に対して1安打5奪三振、最速は151キロを記録し、130キロ後半のカットボールやスライダーも切れ味抜群で、大学を代表する打者も当てるのが精いっぱいだった。

三振を喫した京田選手は「近くで見るとかわいらしい顔をしていて細いのに、あんなピッチャー対戦したことがない。切れがあってボールの威力が違う。手が出なかった。ボールの威力が違うとみんな言っていた

代表合宿ではBIG3と呼ばれる寺島成輝投手、藤平尚真投手、高橋昂也投手も今井投手をNO.1と認め、今井を追いかけたいと認めている。この日もBIG3が投げた後に登板したが、格の違いを見せる投球だった。

三振を喫した京田選手は「近くで見るとかわいらしい顔をしていて細いのに、あんなピッチャー対戦したことがない。切れがあってボールの威力が違う。手が出なかった。ボールの威力が違うとみんな言っていた」と対戦した大学生打者の中でも、今井投手がNO.1と認めた。

プロスカウトも絶賛

この日のスタンドには約70人のスカウトが集まった。今井投手に対する評価は以下の通り

巨人・堤GM:「もうBIG4じゃないですか。さすが優勝投手。仕上がっている大学生からあれだけ三振を取れるのは凄い。甲子園でどんどん上がっていった。1位候補のBIG3に近づいた?うちの中ではそうなっていくと思う」

広島・苑田スカウト部長:「藤平、寺島より上。高校NO.1」

中日・中田スカウト部長:「アウトローの直球はプロに入れても遜色ない。決まればプロの打者でも打てない。ドラフトで1番人気になる可能性がある」

横浜DeNA・高田GM:「あれだけ速い球を振って、狙ったところに投げられるのは凄い。トップレベル」

東北楽天・長島スカウト部長:「球質が素晴らしい。高校生でトップ評価。間違いなく1位。重複するでしょう。技術もハートも1位に値する。」

オリックス・中川隆治アマスカウトグループ長:「疲れを感じさせない。(ビッグ3の)3人と比べても遜色ない力。甲子園出場投手の中ではNO.1。」

北海道日本ハム・大渕隆アマスカウトディレクター:「真っすぐだけで押すのではなく冷静に駆け引きできている。低めに決まる150キロは素晴らしい。」

阪神・畑山スカウト統括補佐:「高校生の投手はすべて良かった。大学生相手にいいものを見せてくれた」

福岡ソフトバンク・小川育成スカウト部長:「ビッグ3と今井は、いずれも持ち味を出していた。今井に甲子園の疲れは見えなかった」

高校生のNO.1投手は、今の時点では今井投手と考えるスカウトや球団は多くなったと思う。大学生NO.1・田中正義投手や左腕NO.1の寺島投手とこの今井投手が、今年のドラフトの超目玉という事になる。今井投手にも指名重複が確実となったとみられる。

侍ジャパンU18日本代表選手一覧

日米大学野球(2016)出場の侍ジャパン大学日本代表選手一覧

2016年度-高校生投手のドラフト候補リスト

捕手の九鬼が「スピンの量が多くて低めから上がってくる。あんな投手初めて」と評した今井の投球に、詰めかけた12球団70人のスカウトも熱視線を送った。巨人・堤辰佳GMは「最初はあの3人(寺島、藤平、高橋)だったが、直球の評価が上がってきている。“ビッグ4”じゃないですか」と称賛。快投でさらに評価を上げた。

9回先頭で対戦。初球147キロ直球は見送ってボールも、変化球で追い込まれ、最後は外角低め145キロ直球にバットは空を切った。「切れがあってボールの威力が違う。手が出なかった。大学生でもなかなかいない」と称えた。初回には早川から中前適時打を放ち「甲子園で活躍した選手とできて感謝したい」と話した。

スカウト陣の評価もさらに上がった。「仕上がっている大学生にこれだけの投球ができる。“ビッグ4”じゃないですか」と巨人・堤GM。楽天・長島スカウト部長も「球質が素晴らしい。間違いなく(1位で)重複するのでは」と絶賛した。

横浜・藤平尚真、履正社・寺島成輝、花咲徳栄・高橋昂也のBIG3のお株を奪った。巨人・堤GMは「もうBIG4じゃないですか。さすが優勝投手。仕上がっている大学生からあれだけ三振を取れるのは、すごい」と一目ぼれ。「(評価は)甲子園でどんどん上がっていった。1位候補のBIG3に近づいた? ウチの中ではそうなっていくと思う」とトップランクの認識を示した。広島・苑田スカウト統括部長は「藤平、寺島より上。高校NO1」と賛辞を惜しまなかった。

「一番自信のあるボール、直球で悔いのないようにしたかった」。九回先頭の京田(日大4年)も直球で空振り三振を奪い、4者連続。プロ注目の選手がズラリと並ぶ打線を手玉に取った。


PAGE TOP