大阪桐蔭・山本ダンテ武蔵選手が3安打2打点1盗塁

大阪桐蔭, 山本ダンテ武蔵

大阪桐蔭の山本ダンテ武蔵選手が公式戦デビューし、3打数3安打2打点1盗塁の活躍を見せた。来年のドラフト候補として期待される。

オコエ瑠偉選手が目標

大阪桐蔭は新チームとなって初の公式戦を迎え、2年生の山本ダンテ武蔵選手が3番で出場した。山本選手は174cm74kgの外野手で、50m6.1秒の足を持つ。広島の瀬戸シニアで抜群の身体能力とパワーに注目されていた。

その山本選手はこの日、第1打席でセンター前にタイムリーヒットを放つと、打者一巡で回った第2打席もレフト前にタイムリーヒットを放った。そして第3打席では左中間を割る2ベースヒットを放った。無駄のない打撃があり俊足もあり1年生から期待されていたものの、大阪桐蔭の先輩レギュラー陣に穴をあけることはできなかった。しかし新チームとなると練習試合でも結果を残し続けて3番レギュラーを獲得した。

大阪桐蔭の西谷監督は昨年のU18代表の監督として関東第一から東北楽天にドラフト1位で指名されたオコエ瑠偉選手を指導した。そしていま同じ外野手でハーフの山本選手に「お前はオコエを抜けるように頑張れ。」と目標を伝えているという。

来年の注目外野手として大きく成長してほしい。

2017年度-高校生のドラフト候補リスト

テークバックや打ちに行く際に体の動きが少ないため、ミスショットが少ない。加えて中学時代に6秒1をたたき出した俊足も魅力の選手だ。だが一つ上の世代では一度も公式戦でベンチ入りできず、新チームがスタートしても当初はレギュラーではなかった。

1点リードの初回無死二塁で最初の打席を迎えると、「チームのために何とかヒットを打ちたかった」と中前適時打。2打席目も左前へタイムリーを放ち、3回には左中間を破る二塁打と3安打2打点の大暴れ。山本の豪快なスイングがチームを勢いづけた。


PAGE TOP