作新学院・今井達也投手「最初は大学進学も」、入江大生選手は大学で投手で上のレベルに

今井達也, 作新学院, 入江大生

作新学院の今井達也投手がU18アジア選手権の優勝報告を行い、ドラフト会議に向けても発言をしている。

指名していただいた球団で

今井達也投手は9月16日にプロ志望届を提出している。プロ志望をした心境について「最初は大学進学も考えていたけど、甲子園に出て、アジアまで1度も負けずに追われたのが自信になった」と話した。今井投手は夏の予選前まではそれほど有名ではなかったが150キロの速球を投げる逸材として名前が挙がり、プロのスカウトもある程度は注目していた。もしそのまま栃木大会で敗れていたら、侍ジャパンU18代表への選出もなかったと思われ、その場合は大学進学を決めていたかもしれない。

栃木大会を勝ち抜き甲子園に出場し、甲子園で152キロを記録し、そして優勝を遂げた。U18でもエースとして台湾戦2試合に先発し試合を作った。この夏の活躍が今井投手の進路を大きく変える事となった。「指名していただいた球団で、精いっぱいがんばりたい。チーム、日本を代表する投手になりたい」と今井投手は話した。

入江選手は大学で

一方、作新学院のもう一人のU18代表・入江大生選手は進学を希望し、明治大学に進む予定となっている。甲子園では3本塁打を放ったが、最速146キロを投げる投手としての素質も高く、入江選手も、「大学4年間で成長して、投手で上のレベルにいきたい」と大学では投手としてプレーすることを話した。

甲子園で1イニングの登板をしているが、140キロの速球を外角低めに投げることができており、能力の高い投手だと思う。神宮での登板に期待したい。

侍ジャパンU18代表の進路 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

作新学院高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

16日にプロ志望届を提出。「最初は大学進学も考えていたけど、甲子園に出て、アジアまで1度も負けずに終われたのが自信になった」と心境を明かした。


PAGE TOP