履正社・若林将平選手がホームラン、注目左腕の大体大浪商・宮本大勢投手を攻略

宮本大勢, 若林将平

秋季高校野球大阪大会では4回戦で履正社と大体大浪商が激突し、来年のドラフト候補の対戦となった。

3球団が視察

大体大浪商の宮本大勢投手はすでにプロが注目している左腕投手、対する履正社は今夏の大阪代表で、寺島成輝投手、山口裕次郎投手が抜けたものの2年生の安田尚憲選手、若林将平選手などのスラッガーが揃う。ドラフト候補選手の対戦に注目が集まった。

しかし初回、履正社は宮本投手に対して先頭打者ホームランのあと、4番・若林選手もバックスクリーン右に放り込み、さらにエースの竹田祐にも2ランホームランが飛び出していきなり4点を奪った。その後は宮本投手も立ち直り7回まで0点を並べたが、8回に若林選手のタイムリー2ベースヒットなどで4点を奪い8-1でコールド勝利を決めた。

プロ注目左腕を圧倒した履正社打線だが、対戦の前に3年生の寺島成輝投手、山口裕次郎投手が左腕攻略のためにシート打撃で投手を買って出てくれた。若林選手は「寺島さんのボールがすごすぎて、遅く見えた」と話した。

これだけ豪華なバッティングピッチャー陣はいないだろう。この二人の球を打つ事で鍛えられたスラッガーたちが、今度は来年は甲子園を狙う。この試合には3球団のスカウトが視察に訪れており、若林選手、安田選手と宮本投手の成長を来年にかけて測っていく。

履正社高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年度-高校生のドラフト候補リスト

大体大浪商の宮本と相まみえた若林は、「寺島さんのボールがすごかったので、遅く見えた」と証言。豪華すぎる“打撃投手”の効果もあり、同校史上初となる春、夏、秋の大阪大会制覇へ難敵を攻略した。

初回、石田龍史一塁手(2年)の左翼席への先頭打者本塁打で先制し、2死走者なしから4番の主将・若林将平左翼手(2年)も左中間へソロで続いた。次打者が安打で続くと、エース右腕の6番・竹田祐(2年)が左翼へ2ランを放ち、開始10分足らずで4点のリードを奪った。2回以降は無得点だったが、8回に再びビッグイニングを作り4点を追加。古豪・大体大浪商を寄せ付けなかった。


PAGE TOP