東海大市原望洋・金久保優斗投手に中日、日本ハムなど視察、大阪桐蔭・山本ダンテ武蔵選手も活躍

山本ダンテ武蔵, 植田理久都, 金久保優斗

秋季高校野球でも来年のドラフト候補が活躍を見せる。千葉大会では東海大市原望洋の金久保優斗投手が7回4安打1失点、大阪大会でも大阪桐蔭の山本ダンテ武蔵選手が3本の2ベースヒットで4打点を挙げた。高松商の植田理久都選手も捕手として甲子園に一歩一歩近づいている。

来年のドラフト候補

東海大市原望洋は、強豪の専大松戸との対戦に147キロ右腕の金久保優斗投手が先発した。金久保投手は7回を投げて4安打1失点でコールド勝利を挙げた。

夏の大会は先輩の153キロ右腕・島孝明投手をリリーフにし、金久保投手が3試合に先発して1失点、147キロの速球を投げコントロールに抜群の安定感を見せて注目された。新チームでは球速を求めてバランスを崩したものの、シャドーピッチングなどでフォームを矯正しこの日の好投につなげた。

この日は中日北海道日本ハムのスカウトが視察に訪れた。早くも来年のドラフト候補として注目されている。

 

大阪大会では大阪桐蔭が汎愛と対戦し、8-1で勝利した。打撃のパワーが注目される山本ダンテ武蔵は3番に入ると、3回ノーアウト満塁の場面で走者一掃の2ベースヒット、5回にも1アウト2塁でタイムリー2ベースヒット、そして7回にはレフト戦に2ベースヒットを放ちチャンスを作った。

山本選手は新チームから主軸を任されるが、夏まではBチームでプレーをしており、夏のベンチ外から主軸になったのは西谷監督も「うちでは珍しい」と話す。50m6.1秒の足もあり、遠投100mの強肩を持つ山本選手、来年にかけて、オコエ瑠偉選手のような急成長を見せてくれるかもしれない。

 

香川大会では昨年の明治神宮大会覇者で、センバツ準優勝の高松商がベスト4に勝ち上がった。主力の美濃晃成選手や安西翼選手、植田響介選手が抜けたが、植田選手の弟の植田理久都選手が捕手に転向し、4番捕手で主将としてチームをけん引する。

ただし植田選手のワンマンチームではなく、この日も10安打11得点の猛攻を見せベスト4進出を決めた。四国大会優勝、そして明治神宮大会連覇、そして2年連続のセンバツ出場に、高松商が一歩一歩近づいている。

2017年度-高校生のドラフト候補リスト

高松商業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

東海大市原望洋が七回コールド勝ちし、5年ぶりとなる秋季関東大会出場を決めた。MAX147キロ右腕・金久保優斗投手(2年)が4安打1失点で7回を完投。バットでも適時二塁打を含む2安打1打点と活躍した。

大阪桐蔭の3番・山本ダンテ武蔵外野手(2年)が3本の二塁打で4打点。三回無死満塁では、走者一掃の右中間二塁打。五回1死二塁で適時二塁打を放つと、七回には左線二塁打で好機をつくり、コールド勝ちを呼び込んだ。

主将のバットがチームを勢いづけた。初回、2死二塁から高松商の4番・植田理久都捕手(2年)が左中間を破る先制適時二塁打。この一撃を皮切りに打線は10安打11得点の猛攻を見せ、五回コールドで土庄を退けた。


PAGE TOP