来年のドラフトの目玉、早稲田実・清宮幸太郎選手が特大2発、通算74号ホームラン

早稲田実, 清宮幸太郎

秋季高校野球東京大会は2回戦が行われ、早稲田実は日大一と対戦し、来年のドラフトの目玉・清宮幸太郎選手が特大のホームラン2本を放ち勝利した。

特大2発

清宮選手は4回、2アウト1塁の場面で打席に入ると、「詰まっていたのでいかないと思っていた」と話す打球がセンターのフェンスを越えバックスクリーンに飛び込む120mのホームランとなると、8回2アウト3塁の場面では高めの投球を振りぬくと、打球は右中間の場外に消える推定130mのホームランで試合を決めた。これで高校通算本塁打を74本とし、巨人岡本和真選手の本塁打数を超えた。

来年のドラフトは清宮ドラフトになるのは間違いない。あまりに凄すぎるのかやや人気が落ちてきているという声もあるほどだが、やはり甲子園には主役がいてほしい。

周りの声に影響されることなく、高校時代はのびのびとホームランを打ち続けてほしいと思う。いろいろ言うのも言われるのはプロに入ってからで良い。

2017年度-高校生のドラフト候補リスト

2017年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

四回二死一塁の第3打席でバックスクリーンに2ランをたたき込み、ブロック代表決定戦・立志舎戦、1回戦・日本学園戦に続く公式戦3連発。第5打席で智弁学園・岡本和真(現巨人)を超える高校通算74号を放ち、チームを16強に導いた。


PAGE TOP