早稲田実、清宮幸太郎選手5出塁に野村大樹選手が23号ホームラン

早稲田実, 清宮幸太郎, 野村大樹

明治神宮大会の早稲田実vs福岡大大濠の試合で、早稲田実の3番・清宮幸太郎選手と4番・野村大樹選手が大活躍を見せ6-4で勝利、決勝進出を決めた。清宮でまずは1冠するか決勝に注目される。

3番清宮

東京大会では3番の清宮選手は不調だったが、4番の野村大樹選手などが猛打を見せ勝ち上がった。相手投手も清宮選手を抑える事に必死で続くバッターに打たれたとコメントをしている。

この日は福岡大大濠の好投手・三浦銀二だったが、外角内角を駆使し、またストレートやチェンジアップ、カーブなどを駆使したものの、清宮選手は低めの変化球をよく見て、ストライクゾーンの球を積極的に振っていった。その結果、5打席で4四死球を選び1本のヒットを放った。

1本のヒットは3回、1アウトの場面でカウントは3ボールだった。三浦投手のコントロールされたインコースの球に「根っこで詰まった」と話すが、打球は5m下がって守っていたセカンドの前にハーフライナーで飛ぶ。しかし打球は大きくブレてセカンドは捕球ができずライト前ヒットとなった。この日視察していた広島の高山スカウトは「芯でつぶすようにとらえると、打球はブレる」と話した。「打球が凄く動いた。自分でもびっくりした」と話す清宮選手はセカンドまで駆け抜ける隙の無さも見せた。

福岡大大濠の三浦投手は「清宮はボール球を振ってくれなくて苦労した。雰囲気が凄かった。」と話した。

4番野村

そして4番には野村が待っている。すべての打席で清宮選手をランナーにおいての打席だったが、「清宮さんがランナーだと、気合が入るんですよね」と話す野村選手は初回に先制タイムリー、3回にはタイムリー3ベースヒット、そして7回にはレフトスタンドに2ランホームランを放った。

野村投手はこれで通算23号ホームラン、新チームになってから17本塁打を記録し、清宮選手の1年時の本塁打数22本を超えた。清宮選手は「超えたな」と声をかけられ、「次も打てよ」と言われたという。

172cmと小柄だがスイングが素晴らしい。バランスも良く無駄のない形で捉えられた打球の強さも申し分ない。この日視察した広島の苑田スカウト統括部長は「出会いがしらの本塁打を見たことがない。直球を待ってても変化球に対応できる。1年生のレベルじゃないし、もうドラフト候補です」と話した。

2018年のドラフト上位指名が早くも予想される。

早稲田実は決勝に進出した。相手は履正社高校、まずは清宮選手の高校1冠を目指す。

キーワード “早稲田実”に関連する選手のドラフト候補リスト

打球を捕球できなかった斎藤も「無回転のブレ球。グラブに当たって、右手に当たりました。左打者であんな打球初めて見た」と腫れ上がった右手親指を見つめた。

 「狙っていたインの真っすぐで、ちょっと打ち損じ。根っこで詰まっていた。しっかり振っているから、ああいう風になった。力のあるボールを投げる投手で、あまり打つ球がない中、ラッキーだった」

打った清宮本人が仰天した。無回転のライナーは、二塁右を襲いかかる軌道から、強烈に左にブレた。打球は、二塁手が差し出したグラブをかすめ、次に右手親指をはじき、右中間まで抜けていった。「すごい打球が動いていて、自分でもびっくりするくらい。変なところに行ったので、ラッキー」。アンビリーバボーな二塁打に神宮がどよめいた。

「清宮さんがランナーだと、気合が入るんですよね」とはにかんだ野村は高校通算23号。清宮が1年時に記録した22発を超えた。「技術も考え方も、全然まだ清宮さんが上」と恐縮する後輩に、コンビを組む主砲は「必ずかえしてくれる信頼感がある。たくさん打ってもらう分には(本塁打数を)超してもらって構わない」と、穏やかな笑みを浮かべた。

初回にスライダーをおっつけ、中前に先制打。3回には内角直球を引っ張り、左翼フェンス直撃の適時三塁打で3安打4打点。

先輩からは「超えたな」と声を掛けられたが、後輩らしく「まだまだ実力で超えられていないので…」と照れまくった。


PAGE TOP