青森山田が東邦に勝利、素質ある選手が躍動

三森大貴, 堀岡隼人, 東邦高, 松山仁彦, 近久輝, 青森山田

明治神宮大会高校の部は、青森山田が東邦に勝利し準決勝に進出した。

東邦・藤嶋を抑える

青森山田は1回戦で2本の2ランホームランを放ち、この試合では4番ライトで出場していた東邦の藤嶋健人投手を4打数1安打に抑えた。先発した坪井友哉投手、エースの堀岡隼人投手ともゆったりとしたフォームから140キロに迫るの力強いストレートを投げていた。坪井選手は2回1安打2四球1失点で降板し、エースの堀岡選手は7回を7安打6四死球も2失点、「コントロールが悪くなんとか抑えることができた」と反省のピッチングだったが、素質の良さは見られた。

また4番遊撃手の三森大貴選手は初回にフェンス直撃のヒットを放ったが、スイングもよくファーストへの走塁も速かった。守備でファインプレーも見せ3拍子揃った選手として楽しみな選手。180cmの大型遊撃手として期待したい。

一方、東邦は2番手の近久輝投手が登板、最速145キロを記録する投手で、この試合でも常時140キロを超すストレートを見せていた。しかし制球がままならずに高めに浮くと3回を投げて4安打3四死球で3失点で降板した。

4回から登板した松山仁彦投手はやや横気味から大きなスライダー、カーブを投げる左腕で5回1安打4奪三振2四死球で1失点と好投を見せた。中学時代は岡崎中央ボーイズで注目された左腕投手で、マウンド度胸は抜群と評価されている。まだ線が細くほとんどをスライダーで勝負しているが、勢いのある技巧派左腕として成長を期待したい。

2016年度-高校生のドラフト候補リスト

青森山田高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

東邦高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

明治神宮大会高校の部の組み合わせと注目選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page


PAGE TOP