高校野球・青森大会(2015):ドラフト注目度B

中川優, 伊藤瑠, 八木彬, 内沢航大, 古屋敷匠真, 水木海斗, 赤川諒

 光星学院などから毎年のようにプロ注目選手が登場する青森、今年は特に目立つという選手はいないものの、将来が期待される選手も多く、ドラフト注目度はB。

地区

 昨夏そして秋を制した光星学院は1年時からエースを争ってきた投手陣が最後の夏となる。春は県3位だったが東北大会では決勝まで勝ち上がるなど実力は高い。

 その春で県大会を制したのは弘前学院聖愛、そして県準優勝だった青森山田が東北大会では優勝し、屈指のレベルの高さを見せている。この3チームはシードされ、今大会も中心となりそうだ。

 

注目選手

 八戸学院光星は安定感のある中川優投手や呉屋開斗投手、そして140km/h中盤を記録する八木彬投手などがいる。八木投手は実績は中川投手に及ばないものの投げる球の威力はチーム1。ドラフトで指名されるとすれば八木投手だろうか。野手のタレントは例年より少ないかもしれないが、秋に7本塁打の新井勝寛選手など、全国クラスの打線は健在。

 その中で際立った特徴がありプロが注目しているのは、八戸工大一の内沢航大投手。195cm90kgの超大型投手で140km/hの直球を投げおろす。素質を評価してドラフト会議で指名があるかもしれない選手の一人。1年生の古屋敷匠真投手も1年生で既に143km/hを記録、中学時代から速球派として知られた投手で楽しみな投手。

 

その他の選手

 弘前学園聖愛は赤川諒投手が181cm82kgから142km/hの速球を投げる。エースの山下弘暉投手はサイドハンドの投手で春は3試合連続完投、また2年生で伊藤瑠投手は184cm90kgの大型左腕投手で非常に期待される。

 青森山田の水木海斗選手は中学時代にシニア世界大会に出場し1番遊撃手で活躍を見せた選手。チームを引っ張り春に東北の頂点に輝いたが、甲子園出場を狙う。投げても130km/h後半を記録するなど肩も強く、3拍子揃ったプレーが注目される。

2015年度-高校生-青森県のドラフト候補リスト


PAGE TOP