高校野球・兵庫大会(2015):ドラフト注目度B

主島大虎, 古都成輝, 小西丞, 成田尚輝, 東郷太亮, 松本侑也, 谷川悠希

 兵庫県の高校野球、高校から直接ドラフト会議で指名される選手は、最近は2013年に北条の肘井竜蔵選手が千葉ロッテに育成枠で指名されたくらい、報徳学園、育英、東洋大姫路、神戸国際大付などから直接プロに行く選手は少なくなった。しかし2014年ドラフトで言えば広島1位の野間峻祥選手は村野工、千葉ロッテ2位の田中英祐投手は白陵と兵庫県の高校出身選手がプロ入りしている。今年も素質の高い選手が多くドラフト注目度はB。

地区

 昨年夏、新チームとなった昨年秋、そして今年の春と全て神戸国際大付が制している。しかし、報徳学園、社などと接戦での優勝であり、優勝候補に間違いないものの頭一つ抜き出ているという感じではないようだ。

 報徳学園なども選手層が厚く実力があるが、昨年夏に決勝で惜しくも敗れた三田松聖や春にベスト4まで勝ち上がり神戸国際大に0-1で敗れている関西学院などが力を付けている。

 組合せでは神戸国際大付のブロックに三田西陵や神港学園が入り、東洋大姫路のブロックに滝川二が入るなど油断ならない戦いとなりそうだ。

 

注目選手

 三田松聖の2人の145km/hを越す投手がいる。松本侑也投手は184cm78kgの体から最速146km/hの速球を投げ、今年の高校生ではトップクラスの球速がある。ただし変化球はまだまだで、フォームが安定せずコントロールにも課題を見せる。

 もう一人、小西丞投手も182cmの身長があり最速145km/hを記録している。力のある速球にプロも注目しているようだ。

 打者では三田西陵の成田尚輝選手にプロが注目している。高校通算を40本に乗せ、春季大会では場外ホームランを放つなどパワーを見せている。

 

その他の注目選手

 須磨学園の古都成輝投手は185cmから140km/hを越す速球を投げる本格派で、春の大会ではプロのスカウトの注目を集めた。春に神戸国際大付を相手に好投を見せ、4番打者としてもチームを引っ張った谷川悠希選手は、昨年秋に捕手から投手に転向したばかりで、130km/h後半のスジの良い球を投げている。

 神戸国際大付はエースの塩田大河投手が182cmから143km/hの速球を投げるが、2年生の182cm左腕・東郷太亮投手に早くも注目が集まっている。春の準決勝で関西学院の谷川投手と延長10回の投げ合いを見せ、無失点に抑えた実力は来年のドラフト注目選手になる可能性もある。

 神戸国際大付は竹村陸選手も近畿大会でホームランを放つなど投打にバランスが良い。

 報徳学園も2年生左腕の主島大虎投手が主戦となりそうだ。179cmから130km/h台後半だがキレの良い直球を投げる。

2015年度-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト


PAGE TOP