高校野球・奈良大会(2015):ドラフト注目度B

中山怜央, 坂口大誠, 坂口漠弥, 廣岡大志, 船曳海, 貞光広登

 昨年は智弁学園・岡本和真選手や大和広陵の立田将太投手など、投打に注目選手が揃った奈良県、今年は飛び抜けた選手はいないもののそれぞれのポジションやタイプで全国トップクラスの選手がおり、ドラフト注目度はB。

地区

 昨年夏は智弁学園が甲子園に出場、新チームの秋は天理が強豪チームを作って優勝しセンバツにも出場した。今年春は高田商が制している。智弁学園や奈良大付なども強いが、総合力で天理が強い。

 組合せではノーシード爆弾となった智弁学園が1回戦を勝ち上がれば天理と対戦するというゲキアツな組合せとなった。天理vs智弁学園が早々と実現する事により、他校のチャンスも大きくなり、春優勝の高田商や橿原学院、御所実、奈良大付なども甲子園を狙える。

 

注目選手

 天理高校にはスラッガーだが打率も残せそうな坂口漠弥選手、プロも注目する抜群の足を持つ舩曳海選手、守備力で阪神なども高い評価をする貞光広登などがおり、タイプ別に全国でもトップレベルの選手だろう。

 また智弁学園には岡本和真2世の廣岡大志選手がいる。岡本選手のような爆発力はみられず指名は微妙所だが、打撃センスも守備のセンスもある選手。

 投手では奈良大付の坂口大誠投手とセンバツでも好投を見せた中山怜央投手の成長に期待したい。

 

その他の注目選手

 橿原学院は強打の捕手・櫻井響選手が注目。高校通算10本塁打の長打と強肩が注目される。畝傍の坂本龍投手は鋭い変化球とキレのある球で三振を奪いまくる。

 その他、五條高校の岩阪直樹投手は力のある本格派投手で、御所実の森田夏也捕手もフットワークと通算14本塁打の打撃が光る。

2015年度-高校生-奈良県のドラフト候補リスト


PAGE TOP