高校野球・山形大会(2015):ドラフト注目度C

佐藤僚亮, 石垣雅海, 鈴木琢磨, 青木陸

 昨年も山形中央の石川直也選手が北海道日本ハムにドラフト4位で指名され、2012年にも酒田南の下妻貴寛捕手が東北楽天に指名されている。プロ野球選手が続いて登場する山形県、今年もプロが注目選手がいるものの注目選手の数は少なくドラフト注目度はC。

地区

 酒田南や山形中央、日大山形などが甲子園でも活躍を見せ、全国でも高校野球の盛り上がりを見せている。昨年夏は山形中央が出場したが、新チームとなった秋と今春は鶴岡東が県大会を制覇し強さを見せている。

 組合せでは鶴岡東のブロックに山形南や山形東といった古豪が入ったものの、頭一つ抜きんでている。ノーシードの日大山形や東海大山形、山本学園なども分散され、準々決勝あたりから厳しい対戦が見られそうだ。

 

注目選手

 山形中央の4番捕手、青木陸選手は180cm87kgのスラッガー。1年春からサードのレギュラーとなると昨年は2年生で4番を打ち、甲子園では健大高崎戦でホームランを放つ活躍を見せた。今年は高校通算45本塁打まで伸ばしプロも注目している。

 またエース左腕の佐藤僚亮投手も昨年の甲子園で抜群のキレのある投球を見せた。球速も143km/hを記録しており、ピッチングの内容次第ではプロで鍛えたいと思うスカウトも出てくるかもしれない。

 

その他の注目選手

 山縣城北の2年生・鈴木琢磨投手は180cm80kgの左腕投手、エースとしてこの春も4試合31回を一人で投げ抜きフォークボールを武器に30奪三振を記録した。球速はまだ130km/h台だが、成長が期待される。

 同じく2年生で酒田南の4番を打つ石垣雅海も春の準決勝、決勝でホームランを放ったスラッガーで180cm80kgの身体もできている。

 山形城北の矢口颯選手は50m6.0秒の足があり、山形商の歌丸翔太選手は投げても137km/h、打っても昨年夏に4番を打ち3試合で11打数7安打5打点1本塁打を記録している。180cmと体もあり注目される。

2015年度-高校生-山形県のドラフト候補リスト


PAGE TOP