夏の甲子園(2015)の見どころ~その2~ 注目される野手

伊藤寛士, 佐藤唯斗, 加藤雅樹, 坂口漠弥, 大瀧愛斗, 姫野優也, 山本武白志, 山本龍河, 朝山広憲, 村上宗隆, 松本哲幣, 根来祥汰, 清宮幸太郎, 鎌仲純平

 夏の甲子園の見どころ、その1ではドラフト上位候補の3人と、投手について紹介した。その2では野手の注目選手を紹介する。

脅威の足

 ドラフト上位候補として評価した関東第一・オコエ瑠偉選手は、プロのスカウトも驚愕の足を持つが、同じくスカウトを驚愕させる足を持つ選手が甲子園に登場する。

 花咲徳栄の大瀧愛斗選手は178cmの外野手だが50m6.1秒の足があり、右打者にもかかわらず一塁到達タイムは3.9秒を記録し、4球団のスカウトに注目されたた。大瀧選手は推定130mの特大弾も放っており、その足と長打力で注目を集めそうだ。

 また、滝川二の根来祥汰選手は左打者だがファーストまでのタイムが常に3.8秒を切り、こちらもプロのスカウトに「プロでもなかなかいない」と言わせる。50m5.9秒の足にこちらも高校通算7本塁打と足だけでない所もある。

 オコエ、大瀧、根来の3人は打席でも塁上でも常に注目する必要がありそうだ。

 

ホームランバッター

 やはりホームランバッターには注目が集まるが、昨年の岡本和真選手ほどに注目されるバッターは3年生にはおらず、早実の清宮幸太郎選手に注目が集まる事になる可能性は高い。

 ただし、北海の鎌仲純平選手はプロ野球の外国人クラスのスイングスピード157km/hを記録し、推定130m弾も見せている。花巻東の佐藤唯斗選手は191cmの巨大な体からアーチを架け、作新学院の朝山広憲選手も栃木大会でホームランを放っている。

 早稲田実の加藤雅樹選手は高校通算40本塁打以上を記録、中京大中京の伊藤寛士選手も172cm前後と小柄だが通算44本塁打を記録している。智弁和歌山の山本龍河選手も44本塁打、天理の坂口漠弥選手もアベレージが残せる豪快なスイングが持ち味、九州国際大付の山本武白志選手は通算本塁打こそ少ないものの、187cm87kgの体から放たれる打球は鋭い。

 チームでは、東海大相模の千野啓二郎選手、豊田寛選手、長倉蓮捕手や、東海大甲府の平井練選手、2年生の松岡隼祐選手、静岡の内山竣選手、堀内謙伍選手、安本竜二選手、などもいつでも長打を狙える。

 専大松戸の原嵩選手は投手として148km/hを記録し注目されているが、バッターとしても4番を打ち千葉大会では2本のランニングホームランを記録している。敦賀気比の松本哲幣選手は何と言ってもセンバツの準決勝、決勝で3本塁打が印象的、大阪偕星学園の姫野優也選手は大阪桐蔭を沈めるホームランを放っている。

 1年生では早稲田実の清宮幸太郎選手が夏の西東京大会こそホームランが無かったものの、フェンス直撃打などもありいつホームランが出てもおかしくないし、ホームランが出た日には甲子園(マスコミ)がエキサイトしそうだ。また、九州学院の1年生・村上宗隆選手は185cm85kgの体があり、夏の初戦でバックスクリーン弾を記録し、こちらも注目される。

第97回(2015)高校野球選手権大会の出場校と注目選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page


PAGE TOP