夏の高校野球・甲子園大会、6日目の見どころと注目選手

 高校野球は6日目、4試合が行われます。この日は注目の関東第一・オコエ瑠偉選手などが登場し注目されます。

 第1試合はともにリリーフに注目か。鳥取城北はリリーフの西坂倖汰投手が184cmから143km/hの速球を投げ、鶴岡東も右腕の松崎投手が伸びる137km/hの速球と大きな変化球で三振を奪う。鳥取城北には捕手の高見選手なども183cmの大型選手で注目したい。

 第2試合は関東第一が登場、オコエ瑠偉選手の足はプロのスカウトが注目している。また五十嵐選手、伊藤選手も高校屈指の長打力を持ち強力打線。高岡商はオコエ選手の足を2年生の強肩捕手・堀内選手が抑えられるかがポイント。

 第3試合は興南高校の2年生エース・比屋根投手に注目。島袋2世というトルネード左腕で、奪三振数も多い。秋田商・成田投手と同じくらいの三振を奪う力がある。石見智翠館は攻撃力の高い打撃がポイントで、比屋根投手を打ち崩せるか。

 第4試合、花咲徳栄はプロが注目する外野手・大瀧愛斗選手が登場、強肩強打も注目だが右打者ながらファーストまで3秒台で駆け抜ける足に注目したい。また2年生エースの高橋投手は来年のドラフト上位候補にも名前が挙がる投手。三沢商は肩も強く鋭い打球を見せる遊撃手の冨田選手に注目、大型サイドスローの野田投手がペースを作れるか。

第1試合

鳥取城北
布袋翔太3年
175cm79kg 右右
  がっしりとした体格から強烈な打球を飛ばす鳥取城北の右スラッガー。 B
西坂倖汰3年
184cm85kg 右右
投手 勢いがあり重い球を投げる リリーフエースとして登板に注目 B
鶴岡東高校
丸山大2年
175cm65kg 右左
  抜群の打撃センスで広角に鋭い打球を打てる強打者です。 C
松崎祥弥3年
右右
  「謎の男」。 公式戦初登板初先発で8回7安打1失点の好投。最速137キロの直球と、決め球の90キロ前後の落ちるスライダーがさえ渡り、8つの三振を奪った。 「思い切って投げました。少し荒れたんですけ C
安食幹太3年
170cm67kg 右左
  強肩が光る遊撃手とバットコントロールが良い打撃が光った選手。守備でも攻撃でも存在感がある。主将としてチームをまとめ、昨年の秋、今年の春夏を県負けなしで勝ち抜き見事に甲子園の切符を勝ち取った立役者となっ  
阿部大3年
172cm68kg 右右
  長打力もありチャンスにも強いバッター。打線の要として4番を打ち左右どこにでも打てるバッティングセンスを誇る。打率も打点の数も高く、山形県大会の予選では試合を決める満塁騨も放っている。  
福谷優弥3年
178cm75kg 左左
  130キロ前後の速球、スライダ一をコンビネーションにテンポの良い投球を見せる。グラブを顔の上まで上げながら、ボールを体の後ろに隠して出所を見づらくする”フラミンゴ投法”で、打者のタイミングをずらす投球  

 

 

第2試合

関東一高校
石田優太1年
180cm75kg 右右
  守備は流れるように綺麗なフィールディング 打撃では失投は持っていく長距離バッター  
オコエ瑠偉3年
183cm88kg 右右
  183cmながら50m6.2秒の足があり、瞬発力とパワーがある。  東村山シニア出身で、関東第一では2年の春季大会で公式戦初出場すると、同点となるタイムリー2ベースヒットを含む2安打1打点に1盗 A
阿部武士3年
175cm65kg 左左
  1年生秋の東京大会準決勝で東海大高輪を相手に7安打完封勝利、奪三振は0で低めに球を集めて打たせて取るピッチングを見せた。 印旛郡・酒々井町立酒々井中学校時代は、八千代中央リトルシニアに所属。 B
五十嵐滉希3年
185cm81kg 右左
  まだ線は細いがしっかりとした下半身で、ピタッと止まりボールを呼び込む。レフト方向にも打てるし、引っ張っても痛烈な打球を打てる選手でホームランも期待できる。 B
伊藤雅人3年
178cm70kg 右右
  シャープで鋭いスイングで広角に打ち分けられる能力が高い強打者 B
高岡商業高校
堀内卓哉2年
175cm85kg 右右
  強肩強打の能力が高い捕手! C

 

 

第3試合

石見智翠館高校
田中将貴3年
173cm68kg 右左
  運動能力が高く野球センス抜群の選手! C
興南高校
比屋根雅也2年
175cm65kg 左左
  2年生春の沖縄大会決勝では宮古高校を相手に4回まで10者連続三振、6回1安打13奪三振のピッチングを見せた。キレのある左からのストレートが魅力。 B
濱田菜津紀2年
173cm63kg 右右
  中学までは超変則型投手として多方面から注目されており、高校では心機一転、捕手へと転向しスター候補として注目されている  
喜納朝規3年
184cm77kg 右左
  1年秋から興南高校の4番を任される沖縄屈指の強打者、一塁手 C
城間楽人3年
174cm68kg 右右
  がっちりした体格でどっしりとしていて力強さがあるフォームで球威があり重いストレートが魅力. C
砂川謙斗3年
178cm75kg 右左
  強肩強打で中学時代はオール松原で全国制覇の経験あり C

 

 

第4試合

三沢商業高校
冨田日南登3年
  2年秋の2回戦で、打っては2本の2ベースヒットで先制のホームとサヨナラ打を放つ。守っても遊撃手、投げてはリリーフで5回1安打無失点。  チームの大黒柱。 B
野田海晴3年
180cm65kg 右
  夏の青森県大会決勝戦で八戸学院光星を12回完投した横手投げピッチャー  
花咲徳栄高校
高橋昴也2年
179cm81kg 左左
  最速143km/hのキレの良い直球は空振りを奪うことができる球、インステップを矯正し制球が良くなった。  2年春の東海大迎星との練習試合で15奪三振でノーヒットノーランを達成し、夏の大会では初戦で2 A
大瀧愛斗3年
178cm80kg 右右
  俊足・強肩・強打の走攻守三拍子揃った能力が高い選手 B
鎌倉知也3年
171cm65kg 右右
  地肩の強さをいかした力強い腕のふりから勢いがあり重い球を投げる力があるピッチャー B
小暮祐介3年
166cm72kg 右左
  中学時代は全米選手権USSSA日本代表に選ばれスリーランホームランを打つなど主に六番として活躍 小柄ながらパンチ力があり時には技のある打球が打てる選手である。これからの活躍に期待したい B

 

 

PAGE TOP